日本人に多い「腸を汚す蕎麦の食べ方」、残念4大NG

「腸にいい蕎麦」も、その食べ方では効果は激減

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、この2種類を同時に摂取しないことで「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

「ランチの定番」メニューでもNGの組み合わせに注意

蕎麦の材料である「そば粉」や、つなぎとして使われることもある「小麦粉」は、「消化管をゆっくりと通過する『スローの食品』」に分類されます。ほかに、「肉」「魚」などの動物性たんぱく質や、多くの「野菜」もこのカテゴリーに含まれます。

一方で、「通過の速い『ファストの食品』」には、「フルーツ」「はちみつ」、そして「トマト」などの一部の野菜が含まれます。

したがって、「『スローの食品』である蕎麦」を食べるときは、こうした「ファストの食材」との組み合わせを避けることが大切になります。

では、よくある「『蕎麦』×『ファストの食材』の組み合わせ」にはいったいどんなものがあるのでしょうか。

【組み合わせNG①】蕎麦×「カレー」
カレー南蛮・温(写真:midori_chan/PIXTA)

暑い夏でも食欲をそそる「カレー南蛮」は、ランチの定番のひとつですが、実はこれはNGの組み合わせ

「カレー」には香辛料として「唐辛子」が使われていることが多いのですが、「唐辛子」は「ファストの食品」。「スローの食品」である「そば粉」と組み合わさると、腸を詰まらせる原因になってしまいます。

ちなみに、蕎麦で「南蛮」というと、「ねぎの入ったもの」を指しますが、「ねぎ」は「長ねぎ」も「小ねぎ」も、そば粉と同じ「スローの食材」

「かも南蛮」や「とり南蛮」は、「スローの食材」を使っていますのでOKの組み合わせです。

次ページ唐辛子がNGなら「あの薬味」もNG?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT