日本人に多い「腸を汚す蕎麦の食べ方」、残念4大NG 「腸にいい蕎麦」も、その食べ方では効果は激減

拡大
縮小

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、この2種類を同時に摂取しないことで「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

「ランチの定番」メニューでもNGの組み合わせに注意

蕎麦の材料である「そば粉」や、つなぎとして使われることもある「小麦粉」は、「消化管をゆっくりと通過する『スローの食品』」に分類されます。ほかに、「肉」「魚」などの動物性たんぱく質や、多くの「野菜」もこのカテゴリーに含まれます。

一方で、「通過の速い『ファストの食品』」には、「フルーツ」「はちみつ」、そして「トマト」などの一部の野菜が含まれます。

したがって、「『スローの食品』である蕎麦」を食べるときは、こうした「ファストの食材」との組み合わせを避けることが大切になります。

では、よくある「『蕎麦』×『ファストの食材』の組み合わせ」にはいったいどんなものがあるのでしょうか。

【組み合わせNG①】蕎麦×「カレー」
カレー南蛮・温(写真:midori_chan/PIXTA)

暑い夏でも食欲をそそる「カレー南蛮」は、ランチの定番のひとつですが、実はこれはNGの組み合わせ

「カレー」には香辛料として「唐辛子」が使われていることが多いのですが、「唐辛子」は「ファストの食品」。「スローの食品」である「そば粉」と組み合わさると、腸を詰まらせる原因になってしまいます。

ちなみに、蕎麦で「南蛮」というと、「ねぎの入ったもの」を指しますが、「ねぎ」は「長ねぎ」も「小ねぎ」も、そば粉と同じ「スローの食材」

「かも南蛮」や「とり南蛮」は、「スローの食材」を使っていますのでOKの組み合わせです。

次ページ唐辛子がNGなら「あの薬味」もNG?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT