「バナナは腸にいい」最高の食べ方、意外すぎる4品

「こんな食べ方」あったんだ!超簡単な方法は?

アダムスキー式腸活メソッドが提唱する、腸に効くバナナの意外な食べ方とは?(写真:フォトレモン/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも7万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか?今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が「腸に効くバナナの意外な食べ方」について解説する。

「バナナ」は手軽に食べられて腸活スタートにぴったり

「人類最大の免疫臓器」ともいわれる「腸」。その腸の働きを高めることで、体全体の美と健康を手に入れようとする「腸活」が近年注目を集めています。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

今、日本でも話題の「アダムスキー式腸活法」では、健康になろうと思ったら「まずは消化管にこびりついた汚れを落とすことが大切」だと考えられています。

そのためにアダムスキー博士が「最も効果的な洗浄剤」として挙げているのが、「フルーツ」です。アダムスキー式腸活法では、「1日1回フルーツを食べる習慣をつければ、定期的に腸のお掃除ができるようになる」と考えられています。

「バナナ」は、「食物繊維」や「オリゴ糖」が豊富でお腹の調子を整える成分がたっぷり含まれているうえに、皮をむくだけで手軽に食べられるので、「これから腸活を始めたい」という方にはとってもおすすめの食材です。

そのまま食べてもおいしいバナナですが、今回はアダムスキー博士もおすすめしている「バナナの腸活効果をさらに高める意外な食べ方」を4つ紹介します。

次ページすぐできる「1つめ」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT