「銭湯生活デビュー」で常連にいきなり叱られた訳 ご近所付き合いを始めたときに起こった「事件」

印刷
A
A
編み物上手な友人が作ってくれた銭湯バッグ。シャンプーも石鹸も使わないのでタオル一丁を入れて元気に通う(写真:筆者提供)
疫病、災害、老後……。これほど便利で豊かな時代なのに、なぜだか未来は不安でいっぱい。そんな中、50歳で早期退職し、コロナ禍で講演収入がほぼゼロとなっても、楽しく我慢なしの「買わない生活」をしているという稲垣えみ子氏。不安の時代の最強のライフスタイルを実践する筆者の徒然日記、連載第17回をお届けします。

近所のカフェが「わが書斎」

前回、高級マンションから収納ゼロの老朽ワンルームへの引越しで、何もかも手放さねばならぬという人生初の非常事態にしょんぼりしていた時、私と本の趣味がぴったり合う近所のラブリーな古本屋に遭遇し、そうだよこのお店をわが家の本棚と考えたらいいじゃないの……という画期的なアイデアを思いついた経緯を綴らせていただいた。

稲垣えみ子氏による連載17回目です。

この発想の転換は、生まれてこのかた半世紀にわたり、モノにこだわりモノを集めモノに執着し続けていた私にとって、革命ともいうべきショッキングな出来事であった。ショックのあまりわが頭は大混乱し、そのうち堰を切ったように、さまざまなアイデアがあふれ出てきたのだ。

例えば、服である。本と同様、街の古着屋さんを自分のクローゼットと考えたら良いのではないか? 必要な時に買い、着なくなったら売る。よく考えたら派手な服や流行の服なんて、案外数回しか着ないままに、次に着る予定もなく延々と家の中に抱え込んでいたりするものだ。まことにもったいなく、意味のないことである。

で、他の人だって案外似たようなことをしているのではなかろうか。だとすれば、古着屋さんを、そんなわれらの共同のクローゼットと思って活用すれば皆が助かるに違いないのである。

次ページ考え方一つで、「超豪邸」に住める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT