「せっかく〇〇したんだから…」の考えがヤバい訳

人生の停滞を生み出すサンクコストの正体

それまでに費やした資金や労力や時間が惜しいがために、その経済行為を続けてしまうと損失がより拡大するかもしれません(写真:buritora/PIXTA)
「新型コロナウイルスの出現によって変わりつつある世の中では、戦略的に“やめる”ことが大切」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。これまでの価値観にしばられずに、「いま、自分が本当にやりたいことなのか」を考え直すことが重要だといいます。なぜいまこの時代に、「やめる」ことが重要なのか。最新刊『「やめる」という選択』から一部抜粋、再構成して掲載します。

誰の人生にもある「埋没(サンク)コスト」とは?

「せっかくここまで頑張ったのだから、この案件は最後までやり切りたい」

「せっかく大企業に入れたのだから、転職せずに頑張りたい」

「せっかく続けてきたのだから、とにかくやっていこう」

このような「せっかく○○したのだから」という理由で続けていることはないでしょうか? 

仕事に関係のないことでも、

「せっかく買ったんだから使わないともったいない」

「せっかく遠くに旅行に行くんだから、ここにも寄らないと」

「せっかく資格を取ったんだから、何か生かせることをしないと」

といった具合です。

このこうした思考がまるで“重し”のようにのしかかり、気づかないうちにあなたの人生を停滞させるコストに化けてしまっていることがあるのです。

このような考え方や行動パターンは、経済学の概念である「サンクコスト」ととてもよく似ています。サンクコストとは、「ある経済行為(投資、生産、消費など)に支出した固定費のうち、どんな意思決定(中止、撤退、白紙化など)をしても回収できない費用」。それまでに費やした資金や労力や時間が惜しいがために、その経済行為を続けてしまい、損失がより拡大するおそれがあるコストのことです。

これを人生に当てはめると、前述のような「せっかく○○したのだから」という言葉で表せる思考と行動になる、というわけです。

そして僕は、この「せっかく○○したのだから」という思考や行動こそが、「頑張っているのに、なぜかうまくいかない」という状態を生み出していると考えています。

そして、「せっかく○○したこと」がコストに化けているのならば、思いきってやめてみたらどうかと思います。

次ページ若い人に煙たがられても…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT