共働き育児「メイドがいれば万事解決」の大誤解

"家事外注大国"シンガポールで残る親の役割

メイドたちは母国で仕事に就くよりも条件がいいから出稼ぎに来ているわけで、雇わなければいいかというとそう単純な問題ではない。しかし、母国の子どもがきちんとケアを受けられる態勢やメイド自身の人権保護の視点などは必要だろう。

住み込みメイドはこのようなさまざまな“問題含み”の制度であり、シンガポール人の「メイド経験」も決してすばらしいものばかりではない。何人も代えながら仕方なく継続している家庭もあれば、日本人からよく聞かれるように「他人が家の中にいるのはいい気分ではない」と雇わないことに決めている家庭もある。

さて、前置きが長くなったが、ここからが今回の本題だ。仮にすばらしいメイドがいたとしても、シンガポールの共働きは決して“イージーモード”ではないのだ。その理由は、これまでの連載をお読みの読者ならわかるだろうか。それは、いくら家事をやってもらったところで、「メイドには子どもの教育を任せることができないから」だ。

シンガポールの親の役割

シンガポールは、安い屋台(ホーカー)で外食したり、テイクアウトしたりもしやすい。メイドに料理を任せる家庭もあれば、シンガポール人はそもそも国が東京23区やや上回る程度の広さであるうえに、実家の近くに家を買いやすいなどの政府施策があるため、実家に夕食を頼る家庭も多く、日本人の子育て世代に比べると料理の手間は格段に少ないと思われる。

この写真はコロナ前の週末昼間のホーカーだが、平日夕飯時にも家族連れを見かけることも珍しくない(写真:筆者撮影)

住み込みのメイドがいない場合も、掃除のため週1~2回クリーナーに入ってもらうというケースなど、家事の外注の抵抗感はあまりないと言える。子育てについても、産後休暇が短いこともあり、祖父母、ナニーさん、インファントケア等の選択肢があり、乳幼児を「母親が見なくては」という規範も日本に比べれば希薄だ。

しかし、このいわば“家事外注先進国”で、外注できないのが、教育役割だ。量的調査でも主たるケア責任者は母親で、子どもが7歳以上になると学校のサポートが必要になることから親(とりわけ母親)の割合が増えていくことがうかがえる(Hoi Shan Shum-Cheungほか, 2006年 “The Parenting Project”)。

次ページメイドに子育てを任せないという家庭も
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT