共働き育児「メイドがいれば万事解決」の大誤解

"家事外注大国"シンガポールで残る親の役割

メイドを雇っていたとしても、家事のみで、子育てをまったく任せないという家庭もある。理由は「メイドはあくまでも一時的な存在で、家族の中からいつかいなくなってしまうから」「メイドにしつけはできない」「自分が子どもの頃、メイドは大人の目がないと手を抜いていたのを知っているから自分の子どものことを任せることはしない」など。

では教育面はどうか。フィリピン人の大卒のメイドは英語が堪能であることが多く、宿題のチェックくらいできるのではないかと尋ねてみると、「メイドは学がないから。大卒のメイドを雇うことはできるけど……でもどっちにしろ中国語はできないでしょ」(30代中華系シンガポール人女性)と、教育レベルの差を挙げる答えも出てくる。

子どもに寄り添う

私も質問してはみるものの、「そこは親が」という感覚はわかる。子どもの宿題のチェックをするというのは、やっているかどうかや、単に〇か×かを見ればいいとは限らない。目の前の子どもが、何にどう時間をかけていて、どこにつまずいているかを確認する意味合いもあるからだ。とりわけ、教育が重要な社会においては。

たとえば、自分自身は教師の父を持ち、悪い点を取るとひどく叱られながら育ったという専業主婦のSandraさん(仮名)は、「子どものテストの点数が70点だったら、75、100と点数を目指すのではなくて、どこを改善できるかな? どこの領域をもう少しやったほうがいいかな?と一緒に考えるようにしている」と子どもに寄り添うことを目指す。

もちろん、親がどこまで時間をかける必要があるかは、子どものタイプにもよる。「学校でだいたい宿題は終わらせてくる」というケースもあれば、帰宅後に学校の宿題を終わらせるだけでも苦戦するケースもある。

第3回の記事で「娘がビリから5番までに入らなければいい」と言っていたMayさん(仮名)は、娘が幼稚園児のときまでは自宅でフラッシュカードなどを使って中国語の学習などを見ていたが、小学生になってからは「まず座らせるのが大変。それでやっと座ってやりはじめたと思って、30分くらい家事をしてから娘のところに戻ってみてみるでしょ。……何も進んでないの!」と嘆く。

この悲鳴には首肯する親も多いのではないか。もともと、「ケア労働」やその役割を誰が担っているのかを研究する領域では、誰かに依存しなくては生きられないような存在に対して、その責任が私事化され家族に割り当てられてきたことが指摘されてきた。

次ページ教育絡みでは家庭のやることはますます増えている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT