「ソーシャルビジネス」で失敗しがちな人の特徴

ビジネスモデルを考える前に必要なこととは

当初考えたビジネスアイデアがそのままうまくいくとは限りません。ビジネスアイデアというのは、あくまでも仮説です。実際にやってみないと、うまくいくかはわかりません。頭がいい人が考えればうまくいくのなら、東大出身者はみんな起業したら成功するはずです。でもそうはなっていませんよね。何度も試行錯誤を繰り返し、やりながら修正を繰り返していくのです。

だから、うまくいかないビジネスモデルはどんどん変えていかなければいけない。そのときの拠り所となるのが「ソーシャルコンセプト」なのです。ソーシャルコンセプトという社会づくりの設計図=「幹」がしっかりあるからこそ、ビジネスアイデアという「枝葉」の部分はどんどん変えていけるのです。

一方、「このビジネスアイデアはうまくいく!」と思って始めた事業がもしうまくいかなかったらどうなるでしょう。そこでパタッと止まってしまいますよね。「ビジネスモデルの前に、まずソーシャルコンセプトをつくろう」と僕が口を酸っぱくして言っているのは、そのためでもあるのです。

成功するかどうかは、続けるかどうか次第

ソーシャルコンセプトがしっかり固まっていれば、あとは続けるかどうかだけです。続けていれば100%成功します。失敗するのは、途中でやめてしまうからです。

『9割の社会問題はビジネスで解決できる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

従来のビジネスは、ビジネスチャンスを狙って勝負に出ます。逆に、チャンスがないとわかれば撤退するのも早い。それに対して、社会問題解決のためのビジネスは「何のために事業をやるか」が明確なので、儲からないからといってすぐにやめるわけにはいきません

ソーシャルコンセプトに沿って粘り強くやり続けていれば、ビジネスモデルは変わっていっても、いつか必ず成功します。「9勝1敗」、いや、「10勝0敗」にすることだって不可能ではないはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT