「中学受験で心がズタズタ」親にできる3つのこと

親が"暴走"したのなら、率直に詫びた方がいい

(2)勉強に関しては、本人の意思に任せ、親は子どもが勉強することを期待しない

小浜さんの場合、まだ、勉強について心配し続けているようです。これも、親として気持ちはわからなくはありませんが、今後の心配をする前に、目の前にいる子どもの心の状態を最優先することを考えてみます。

なぜなら、まだ子どもの心がリカバリーされていない段階で、親が勉強の心配をすると、何かしらの言動として形に表れ、子どもにそのメッセージを伝えてしまうからです。そうなると今後、同じことをまた繰り返さないとも限りません。

それよりも、子どもの自己肯定感を上げる言葉を折に触れて使うことをおすすめします。但し、これは子どもに媚を売ることとは異なります。子どものご機嫌を取るのではなく、あくまでも日常生活の中に、肯定的な発言を入れていく程度でお考えください。

胸襟を開いたコミュニケーションが信頼関係を作る

(3)家族で活動する時間を増やしていく

「体験の共有化」により共通言語を増やしていくことで信頼関係を構築します。学習への前向きな気持ちは、この段階を経てからになるでしょう。

おそらく、今回の一件を通じて、子どもとの信頼関係が希薄になった可能性があります。ですから、その信頼関係を取り戻していくことが大切になります。

そのためには、コミュニケーションの頻度を上げ、できれば共通の体験を持つことも1つの方法です。コミュニケーションについては、勉強のこと、学校のことではなく、まったくそれらと関係がない「雑談」を増やすことです。雑談であれば、お互いの関係性に“上下”がなくなります。フラットな関係の会話ができると、胸襟を開いたコミュニケーションができます。これが信頼関係を作る第一歩となります。

以上、3つの手順についてお伝えしました。これらのことは人間関係全般において言えることかもしれませんが、とくに親子という身近な関係では、それができない場合が少なくありません。とくに「謝る」という行為は、簡単なようでいて実に難しいことです。しかしお互い親子であると同時に、人格や尊厳を持つ人間どうしであると捉えることで、間違ったときは「謝る」ことはできると考えています。

今回の件を通じて「家族にとって本当に大切なことは何か」を考える機会になれば幸いです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT