ふくよかな49歳男性が32歳女性と結婚できたワケ

出会うのは驚きの要求をするアラフォーばかり

32歳の女性と成婚を決めた49歳の男性は、これまでどのような婚活をしてきたのでしょうか(写真:mikeko/PIXTA)
49歳の会員男性が32歳の女性と成婚を決めた。彼は、私の相談所で活動して2年半になる。この期間に40近いお見合いをしたのだが、連敗続きだった。なぜかといえば彼の婚活は、“結婚後に子どもを授かりたい“という希望があったからだ。そうなるとお相手女性の年齢が限られてくる。
仲人として、婚活現場に関わる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、苦難の婚活の末に、歳の差婚を成し遂げた男性の軌跡を追いながら、結婚相手の選び方について一緒に考えたい。

「最後のチャンスに子どもが欲しい」と言う男女

結婚相談所に入会する動機に、「子どもが欲しい」という要望を掲げる人たちが、男女ともにとても多い。女性の年齢でいうとアラフォーで、「最後のチャンスに子どもを産みたい」と言う。女性に比べて父親になれる年齢の幅が広い男性は、40代後半、50代、60代になっても、「子どもが欲しい」と言って、結婚相談所の門戸を叩く。

この連載の一覧はこちら

恒夫が私を訪ねてきたのは、47歳になろうとしていたときだった。訪ねてきた当時のことは、過去記事「年収1000万円の男性が婚活に苦労するワケ」につづっている。

彼は、日本の南西に位置する観光で有名な島で会社を経営していた。知人の紹介などに頼り、3~4年間は婚活を独自でしてきたのだが、なかなかいい出会いに恵まれることがなかった。私の相談所に入会後も、相談所の活動だけではなく知人からの紹介なども含めて、とにかく出会いのチャンスを広げていった。

ところが、出会うのは、記事にも登場するような驚きの主張や要求をしてくるアラフォーたちばかり。43歳の女性がデートの食事場所に指定してきたのは、高価な懐石天ぷら屋で、それをペロリと平らげた後に、「結婚は、ここ5年は考えていないので、そういう私を待ちきれないなら、二股をかけていただいて構いません」と言ってきた。42歳の子どものいる女性からは、「結婚するなら別居婚。月の生活費を私と子どもに30万円ください」と言われた。

次ページアラフォー女性たちは、見る目が厳しい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT