年収1000万円の47歳男性が婚活に苦労するワケ

40代で独身の女性はキャラが濃い人が多い?

お金があるとどうしても、それを目当てにした的外れの女性たちが近寄ってくることがある(写真:buritora/PIXTA)
婚活市場で、年収の高かったり資産があったりする男性は人気だ。加えて、住んでいる場所、見た目、年齢、職業などでも人気の度合いは変わってくるのだが、お金があるとどうしても、それを目当てにした的外れの女性たちが近寄ってくることがある。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、“経済力のある47歳の男性の婚活記”を記しながら、「結婚とお金」について考えてみたい。

お金ありも人柄もいいが、結婚に至らない理由

昨年の今頃、日本の南西に当たる観光で有名な島から飛行機に乗って、矢島恒夫(47歳、仮名)が、面談にやってきた。大きな手提げ袋の中からチョコレートやクッキーの大箱を出すと、言った。

「つまらないものですけど、お土産です。皆さんで食べてください」

この連載の一覧はこちら

「まあ、こんなにたくさん! ありがとうございます」と私が言うと、純朴な笑顔を向けてきた。身長が高くふくよかな体型。いかにも人のよさそうな雰囲気の男性だった。

「ここ3、4年、結婚を本気で考えるようになって、婚活を始めたんですが、なかなかいい出会いがないんですよ。土地柄、周りは結婚が早い。身近で候補者を探すことには限界を感じまして、全国の女性を対象にお見合いをしようと。私との結婚を考えてくれる女性がいるなら、飛行機に乗って日本全国、どこにでも会いに行こうと思っています」

物腰は柔らかかったが、決意は硬いようだった。そして、こんなことも言った。

「婚活期間中は、そこに使うお金は惜しみません」

聞けば、地元での商売がうまくいっていて、年収も1000万円近くあるという。さらに海沿いにリゾートマンションを2棟所有し、その賃貸料金も入ってくる。それ以外にも株の配当が毎年あるようだった。

入会の手続きを済ませ、お見合い写真をスタジオで撮影して、恒夫の婚活がスタートした。

普通ならこれだけの条件が揃っていれば、お見合いはいくらでも組めるのだが、恒夫の場合は結婚したら女性が島に移り住まなければならない。観光開発され、独自の食文化もあり、中心地は都会と変わらない繁華街になっているが、女性側も遠方に嫁ぐには、相当の覚悟がいる。

次ページ果敢にお見合いの申し込みをするも…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。