37歳高学歴男性が7年婚活で結果が出ないワケ

生活圏内で出会った女性とは付き合えるが…

何年も婚活をしているのに結婚に結び付いていない場合は、やり方を見直したほうがいいかもしれません(写真:Kazpon/PIXTA)
「もう何年も婚活をしているのに、結婚できる相手に巡り合えない」。そう思っている人たちは、本当に正しいやり方で婚活をしているのか?
仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「脳内婚活は卒業。リアルに活動していくことが結婚への近道」について記す。

7年間の婚活、いまだ独身

林田智也(37歳、仮名)が、婚活相談にやってきた。身長は181センチあり、サラサラ髪の清潔感ある青年だった。

「30歳を過ぎてから婚活を始めて7年になります。活動しているのに、まったく成果が出ません。どうしてなんでしょうか?」

この連載の一覧はこちら

そこで、どんな婚活をしてきたのかを聞いてみた。

「まず、都内の結婚相談所に入りました。あと、先輩が人を紹介したり、出会いをサポートしたりするNPO法人を立ち上げているので、2年くらい前に、そこにも入って活動をしています」

2つの婚活ポータルサイトを利用しているというのに、どうして成果が上がらないのか。今まで、何人の女性たちに出会ってきたのか。

「まあ、最初はあまり焦っていなかったので、年に、1人とか2人とかお会いしていました。でも、去年は、“まじめに婚活に取り組もう”と決めて、結婚相談所で5人、NPOのほうでは2人と会いました」

その言葉を聞いて、「えっ、まじめに取り組んで、1年間に7人ですか? それが7年間のうちで、婚活を一番まじめにやった期間なの?」と、私は思わず聞き直してしまった。

「そうです。婚活がなぜ苦戦しているか、その原因を知りたいんです」

まずは1年間で7人と見合いし、それが“婚活を一番必死でやった記録”という意識を変えなくてはならない。他の婚活者に比べて、あまりにも数が少ないからだ。

ただ、見合いを組めるか組めないかは、その人の持ち合わせている条件によっても違ってくる。本人が持ち合わせている条件に対して、理想の高すぎる相手にばかり申し込んでいれば、お見合いは当然受諾されない。

次ページ見た目は? 年収は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。