仕事が遅い人が「良いと信じている3大悪習慣」

何かを始めるときのプランは「3つ」に留める

リモートワークでたるみがちな「仕事をスピードアップするノウハウ」をお届けします(写真:Pangaea/PIXTA)
世間では常識だとされていることが、実は仕事の生産性を下げていることが多々ある。経営者であり投資家、脳科学者の上岡正明氏が上梓した『自分のやりたいことを全部最速でかなえるメソッド 高速仕事術』より一部抜粋・再構成し、リモートワークでたるみがちな「仕事をスピードアップするノウハウ」をお届けする。

とにかく動き出せ!人生の時間は想像以上に短い

準備が整ったらとか、お金が貯まってからとか、コロナが落ち着いたらとか言っていたら、あっという間に人生は過ぎてしまいます。変わるなら、いましかありません。

私が考案し、実践している「高速仕事術」は、脳科学を徹底活用し、人間の特性に合わせて、最大の効果が出る方法です。脳の特性を理解し、脳のパワーが最大化する方法がわかれば、誰でも仕事のパフォーマンスをアップさせることができます。

それではさっそく、高速仕事術のノウハウのなかから、いくつかご紹介しましょう。まずは「5秒ルール」です。

何かを始めようとするとき、「やらなきゃいけない!」と思いながらも、なかなか行動に移せないことがありますよね。今日中に資料をまとめないといけないのにやる気にならない……たまったメールの返信をしなければいけないのに気乗りしない……などです。

さらに、人は何か新しいことや、いつもより少しでも難易度の高いことにチャレンジするとき、不安から行動を起こせなくなってしまう傾向にあります。

そんなときに役立つのが「5秒ルール」です。「5秒ルール」とは、アメリカテレビ番組の有名司会者で知られるメル・ロビンズ氏が考案した手法です。彼女は、TEDxで行ったプレゼンが大きな話題になったことで知られ、著書は全米100万部のベストセラーになっています。

その方法は極めてシンプル。何か行動しようと思ったときに、すぐさま「5、4、3、2、1」と、(できれば口に出して)カウントダウンして、「0」になるまでに必ず行動を起こす、というだけ。すると、どんどんやる気がみなぎってくるといいます。

実は、このことは脳科学の世界でも明らかになっています。人間は「行動するから、脳がやる気になる」ためです。数字を読み上げるのは、そのとっかかりになりますし、そもそも「みずからの口でカウントダウンする」というのも立派な行動です。これがトリガーとなり、やる気の脳内物質であるドーパミンが脳の行動中枢を刺激して、行動喚起のモチベーションに転換されるのです。

次ページ入念な事前準備は脳科学的には「最悪」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT