「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル

10時間、40時間、200時間…一番不幸は80時間?

「残業時間」からその会社のライフスタイルが見えてきます (イラスト:UKI)

私が就活生の支援を始めてから、ちょうど10年になります。ある就活生が、私へこんな相談をしにきてくれました。

「激務」の基準は変わってきた

彼は「タフなので激務でも大丈夫です!」と快活に言ったので、「激務って、大体何時に帰宅するくらいまで耐えられる?」と、問いかけてみたところ「21時です!」と、明るい声が返ってきました……。いっとき会社に寝泊まりして働いていた私にとっては、ずっこけてしまうような話です。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

そう、この10年で働き方は革命的に変わっています。そして、自分の労働時間をみんな「標準的」だと思っている。だから残業が月10時間の人は、月の残業80時間の人生を想像できません。

そこで今回、月残業10時間から230時間までを経験してきた自身の体験を踏まえて、それぞれのライフスタイルを解説していきたいと思います。就活生や転職希望者の参考になれば幸いです。

残業月10時間の暮らし:18時以降の予定は自分次第

平日の18時にヘアサロンへ行ける。それが残業月10時間のライフスタイルです。帰り道のスーパーで何を買って作ろうかな、なんて考えながら退勤する。会社の終業時刻によっても異なりますが、17時半にもなればオフィスに残っている人はまばらです。

本当は残業なしがいいけれど、現実的にそうはいかない日だってあります。たとえば、退勤ギリギリに電話でお問い合わせが来てしまったり、今日中で頼まれた仕事が少し長引いてしまったり。

次ページ夏なら明るいうちに退勤
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT