過熱するZ世代向け「メンズコスメ」開発の裏側

男性用化粧品へのニーズをどう反映させるか

男性のニーズに合う製品開発のために、日々さまざまな議論がなされています(写真:USSIE /PIXTA)

メンズコスメ市場が拡大を続けている。富士経済によると、メンズコスメ市場は2019年に前年比1.6%増の1199億円に達し、2022年には1237億円まで達すると予測されている。

メンズコスメではさまざまな国内ブランド、製品が次々と登場しており、最近では男性自らが企画・開発を行うコスメが注目を浴びている。男性たちが実際に感じてきた課題やニーズを解決する商品が多いなかで、最近新たに投入されている製品は、どういった点が従来品と異なるのだろうか。

「Fujiko(フジコ)」「B IDOL(ビーアイドル)」など人気のコスメブランドを手がける「かならぼ」は4月に、10代〜20代前半のジェネレーションZ世代男性向けブランド「MENCOS(メンコス)」をローンチした。第1弾製品として日焼け止めと肌のメイクアップができる「サンカットBB」の販売を開始した。

この連載の一覧はこちら

ブランドの立ち上げについて、かならぼの吉濱佳奈・代表取締役社長は「メンズコスメがトレンドではあるが、だからといってブランドを立ち上げるというのではなく、弊社がメンズブランドをやる意味を考えた」という。

かならぼの社名は「かなえるラボラトリー」というビジョンから来ており、ブランドも“全国のZ世代男子のほしいコスメ”を商品化するというコンセプトで立ち上がったそうだ。目指すのは、“男の子も当たり前にコスメを使う時代”だ。

製品や情報だけでは不十分!

製品開発にあたり、かならぼではZ世代男性1000人にアンケートを実施。その結果、Z世代がメンズコスメに強く興味を示す一方で、同世代向けのメンズコスメが少ないことがわかったという。「メンズコスメ市場の製品の多くが、身だしなみを気にする社会人向けのもの。若者向け製品も販売されているが、存在を知らない人も少なくなかった」(吉濱社長)

またリサーチからは、Z世代ならではの美容意識も浮かび上がった。「Z世代の男性は洗顔や日焼け止めの習慣がある人がほとんど。彼らの親世代の美容意識からも影響を受け、小さいころから日焼け止めを親に塗ってもらっていたり、母親のスキンケアを使ったりしている」(吉濱社長)。こういった美容習慣を持っているのは、他の世代との大きな差といえるだろう。

次ページ使う前にためらってしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT