各地で大異変「100円ショップ」の看板が消える日 100均各社の店頭や新展開から見えてくる

印刷
A
A

対照的に、厳しいニュースが相次ぐのが300円ショップ。もともとファッション性の高いプチプラ雑貨やアクセサリー等の、どちらからといえば「不要不急」アイテムが多かったせいもあってか、代表的な2ブランドが他社に事業を譲渡することとなった。

昨年の5月、株式会社ビルジャンが300円ショップ「CouCou」事業をダイソーに譲渡した。ダイソー自体も「THREEPPY」という300円ショップを展開しているが、ブランド統合することなく、現在も「CouCou」としての営業が続いている。

さらに、今年2月に「ミカヅキモモコ」の運営会社が経営破綻。一部店舗はアパレル企業に譲渡されたが、筆者が愛用していた店舗は残念ながら閉店のままだ。

やはりコロナの影響は大きかったのだ。300円ショップが得意とするプチプラ雑貨は、目的をもって訪れる指名買いというより、ついで買いや衝動買いを誘うもの。たまたま店を覗いて、かわいいものを見つけて数個をまとめて買う、という消費スタイルだ。

しかし、コロナの外出自粛により「ぶらぶら買い物に行く」という行動自体がかなり減ってしまった。重ねてインバウンド需要も蒸発、打つ手が封じられてしまった。

この2社のニュースから見えてくるものは、均一ショップの生き残り合戦の厳しさだ。先に書いたように、100円ショップはもはや100円均一ではなく、多価格帯への方向を強めている。300円ショップにとって、出店数では勝負にならない100円ショップとの戦いは消耗戦となるだろう。

最も認知されている「3コインズ」でも全国で約200店舗と、1000店舗を超える100円ショップとは店舗数の桁が違う。300円ショップは、デザイン性・ファッション性の高さを武器に差別化してきたが、100円ショップも生き残りをかけてデザイン性を重視したPB商品の開発に注力しており、その境界線はどんどん融けつつある。100円も300円も垣根のない時代に突入している。

「100円ショップ」の看板がなくなる日

つまるところ、もはや「100円ショップ」とは名ばかりなのだ。

スーパーやホームセンターにも負けないほど幅広い商品をそろえ、かつ機能・デザイン性にもこだわり、価格は100~1000円のラインナップという業態は、なんと呼ぶべきか。「プチプラ雑貨ショップ」「ロープライス用品ショップ」……どれもピンとこない。単に、「ダイソー」「キャンドウ」といった店名だけがアイコンとなる日も近い。

となると、気になるのは業界第2位である「セリア」の戦い方だ。100円ショップ各社が多価格商品へシフトする中、いまだ100円にこだわる姿勢を崩していない。

セリアといえば、インスタ映えするおしゃれ雑貨やインテリアグッズなど、そのデザイン性の高さを支持するファンが多い。ダイソーの“無印っぽい” 「Standard Products」は、方向性こそ違うが、そうした層の関心も引くことだろう。ますます、この勝負から目が離せない。

「100円ショップ」という看板は、そのうち消えるかもしれない。何でもそろうバラエティー雑貨ショップになるのか、生活必需品の総合デパートになるのかはわからないが、せめて奮闘するセリアの行方をしっかり見守りたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT