「節約は楽しいですけど何か?」と語る人の脳内

悲しい倹約でない世界がそこには広がっていた

「節約がいかに楽しいか」について語ります(写真:Melpomene/PIXTA)

4月といえば新年度のスタートだ。今年から社会人となった若者向けに「貯蓄はいくらすればいいのか」や「資産形成の始め方」といったテーマで答える記事が目につく。中には、「5年でコツコツ500万円を貯めた私の節約術」なんて体験談があったりもする。

かくいう筆者も、社会人になった時に「30歳までに1000万円貯めたい!」と目標を定め、節約生活をスタートした。入ってくる収入が決まっている場合、使うお金を減らさなければ貯蓄を増やすことはできないからだ。

で、その目標を達成した後も身についた節約スタイルを続け、順調に資産を増やしていたところ、よく投げかけられたのが、この言葉だ。

「そんなに節約して何が楽しいの?」

もしかすると、これを読んでいる皆さんも、そう思っているかもしれない。お金は使ってこそ生きるもの、使わずに貯め込んでも人生楽しいはずがない。ほら、お金は天下のまわりもの、使えば使うほど戻ってくるというじゃないか――。

お金の使い方には、その人自身の生き方が出る。人の数だけ答えがあり、唯一無二の正解はない。つまりはその質問に筆者が答えるとすれば、こうだ。

「ええ、節約していて楽しいですけど何か?」

筆者のような言葉を投げかけられた節約達人も多いことだろう。良い機会だ、これから前向きに節約してお金を貯めたいと考えている、数多のミリオネア予備軍のために「節約がいかに楽しいか」について語ってみよう。

「人生のムダ」から解放感される楽しさ

まず、言葉の定義から見ていこう。

【せつ-やく】無駄を省いて、費用を切り詰めること。倹約。

本棚の『広辞苑』にはこうある。ネットで引いても大概同じだ。節約というと、毎日モヤシばかり食べているとか、テイッシュペーパーを半分にカットして使うとか、そういう行為を思い浮かべる人もいそうだが、さにあらず。やみくもに出費を削ればいいのではない。切り詰めるべきは、無駄な支出だ。

これは深い問いかけではないか。例えば、今月使えるお金が5万円としよう。お金が貯まらないタイプの人は「何に使ったかわからないが、なぜか残っていない」とよく口にする。しかし節約家は、使えるお金が限られている以上、自分にとって必要なものと、そうでないものをじっくり考える。モノを買う時もサービスを選ぶときも、「これって本当に必要なもの?」と真剣に吟味する。

次ページそもそも、なぜ欲しいと思ったんだろう?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT