歴史の奥深い「ヒップホップ」若者が虜になる背景

「ラップ」との厳密な違いを説明できますか?

ヒップホップの歴史を解説します(写真:Geber86/iStock)
ブラック・ミュージックは歴史的に見て、差別に対する怒りを和らげ、また、怒りを表明するものという側面があります。それは20世紀を締めくくるように出現したヒップホップも同様です。YouTube「みのミュージック」で音楽批評を行うみの氏が、ヒップホップの誕生と変遷を解説します。
前回:「プレスリー」「ビートルズ」は結局何が凄いのか
前々回:音楽通以外も知ってほしい「黒人と歌」の苦闘史

人々の間で自然発生的に生まれたジャンル

ブルース、R&B、ロック、ファンク、ディスコなどを広義の“ポップス”と捉えるなら、20世紀のポップス史はブラック・ミュージックの歴史と言えます。これらのルーツを探ると、17世紀にアフリカ大陸から奴隷として強制移住させられたアフリカン・アメリカンの労働歌に辿り着くからです。

ブラック・ミュージックの中でも、突然変異的な形で現れた「ヒップホップ」は、ブルースなどのように人々の間で自然発生的に生まれた音楽ジャンルです。

ニューヨークのブロンクス地区では、ユダヤ系、イタリア系、アイルランド系の移民たちが多く暮らしていましたが、1950年代から1960年代にかけて、彼らは郊外へと移動します。かわりに住み始めたのは、アフリカン・アメリカンたちとジャマイカからの移民、プエルトリコ、ドミニカをはじめとするラティーノたちです。

1970年代、この地区の失業率は60%近くに上り、治安が非常に悪くなります。当時はディスコの最盛期でしたが、クラブに行けない貧困層の若者たちは、公民館や公園のバスケットコートのようなところで、「ブロック・パーティー」と呼ばれる内輪的なイベントをやるようになります。

彼らは、移動式の巨大スピーカーのセットに、アンプ、ターンテーブルを備えた野外イベント用の音響設備「サウンド・システム」で音楽をかけて踊っていました。

次ページ3人のカリスマ的DJ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT