「プレスリー」「ビートルズ」は結局何が凄いのか

伝説のアーティストの原点と若者熱狂の背景

今も世界中にファンがいるエルヴィス・プレスリーの歴史に迫ります(写真:mptvimages/アフロ)
エルヴィス・プレスリーとザ・ビートルズは音楽史にその名を刻む伝説のアーティストであり、今も多くのファンがいます。プレスリーやビートルズが熱狂を巻き起こした背景には、彼らが持つ魅力もさることながら、当時の社会事情も大きく影響しています。YouTube「みのミュージック」で音楽批評を行うみの氏が解説します。
※本稿はみの氏の新著『戦いの音楽史 逆境を越え世界を制した20世紀ポップスの物語』から一部抜粋・再構成したものです
前回:音楽好きはぜひ学びたい「奴隷と歌」悲痛な歴史

大人たちの反感を買ったエルヴィス・プレスリー

19世紀、白人たちの間ではミンストレル・ショーという、黒人の真似をして嘲笑する大衆芸能が人気を博しました。そこから100年以上の時を経た1950年代、ラジオで流れるようになった黒人音楽はR&Bと称されて人気を集め、R&Bを真似る白人も現れています。ただ白人たちが演奏する曲は、R&Bを漂白したような、黒人から見ると非常にあいまいなものでした。

そんななかで、白人でありながら黒人のワイルドな部分をストレートに表現したのが、エルヴィス・プレスリーです。

プレスリーはアメリカ南部のメンフィスで育ったため、黒人たちのコミュニティが身近にあり、音楽もファッションも黒人文化にどっぷりと浸かって過ごしました。現代においても、若者たちを中心にヒップホップをはじめとするアフリカン・アメリカンのスタイルに影響を受けている人はたくさんいますが、プレスリーは、その”大先輩”といっていいでしょう。

テレビ番組『ミルトン・バール・ショー』に出演したとき、プレスリーは「ハウンド・ドッグ(Hound Dog)」の最後を本来の半分の速度で歌いました。半分にするとブルースのリズムになるのですが、当時それをテレビで放送するというのはあり得ないこと。彼のパフォーマンスは、音楽的な部分だけでなく、R&Bのセクシャルな部分もメインストリームの場所で表現します。曲に合わせて腕を振り、腰を回したり、前に突き出したりする行為は、あまりにみだらで下品だと、大人たちの反感を買いました。

プレスリーは「ロックンロール」のスターとして若者たちに熱狂的に迎えられます。「ロック」も「ロール」も、元はセックスやダンスを意味する黒人英語のスラングですが、プレスリーの登場によって、白人たちが演奏するR&Bも「ロックンロール」と称されるようになり、ジャンル名として定着します。

次ページロックンロールの熱狂の渦が生まれた背景とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT