「ディズニーファン」の記事が大炎上した事情

多様性に合わせたコンテンツ改変に不快感表明

ディズニー好きを標榜する判事が書いたコラムがアメリカで問題となっている(写真:Charlotte Kesl/Bloomberg)

「ディズニーが気にしているのは客よりも政治だ」――。ディズニー・ワールドは「Workeness(ウォークネス=政治的な正しさに対する意識の高まり)」によってせっかくの楽しみをぶち壊していると批判するコラムが先日、ネット上で大炎上した。

ジョナサン・バンボスカーク氏が執筆したゲストコラム「愛しのディズニー・ワールド、ウォークネスで体験が台なしに」がフロリダ州の地元紙オーランド・センチネルの電子版に掲載されたのは4月23日。

ネバダ州ノースラスベガス在住のバンボスカーク氏は同コラムで、ディズニー・ワールドと同テーマパークのあるフロリダ州オーランド市を支持する気持ちを「本気で考え直している」として、こう書いた。

「ディズニーがウォルト・ディズニーの価値観やビジョンから乖離すればするほど、ディズニー・ワールドは私にとってますます無意味なものになっていく」「客の没入体験こそがビジネスモデルの核心であることを、ディズニーは忘れつつある」――。

毒を消し去る魔法の王国

ディズニーのウェブサイトによれば、同社は近年、テーマパークがさらに多様性を尊重した「インクルーシブ」なものとなり、「すべてのお客様がつながり、感動できる」体験を提供できるよう、さまざまな変更を行ってきたという。

そうした変更の一環として、ディズニーは昨年、人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」の題材変更を発表した。スプラッシュ・マウンテンはそれまで、元奴隷がアフリカの民話を物語る1946年のディズニー映画『南部の唄(うた)』を下敷きにしていた。

同様の変更はテーマパーク以外にも広がり、公式動画配信サービス「ディズニープラス」では『南部の唄』を配信しないとの決定が下された。

次ページカリブの海賊の場面も一部差し替え
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT