「ディズニーファン」の記事が大炎上した事情

多様性に合わせたコンテンツ改変に不快感表明

ディズニー好きを標榜する判事が書いたコラムがアメリカで問題となっている(写真:Charlotte Kesl/Bloomberg)

「ディズニーが気にしているのは客よりも政治だ」――。ディズニー・ワールドは「Wokeness(ウォークネス=政治的な正しさに対する意識の高まり)」によってせっかくの楽しみをぶち壊していると批判するコラムが先日、ネット上で大炎上した。

ジョナサン・バンボスカーク氏が執筆したゲストコラム「愛しのディズニー・ワールド、ウォークネスで体験が台なしに」がフロリダ州の地元紙オーランド・センチネルの電子版に掲載されたのは4月23日。

ネバダ州ノースラスベガス在住のバンボスカーク氏は同コラムで、ディズニー・ワールドと同テーマパークのあるフロリダ州オーランド市を支持する気持ちを「本気で考え直している」として、こう書いた。

「ディズニーがウォルト・ディズニーの価値観やビジョンから乖離すればするほど、ディズニー・ワールドは私にとってますます無意味なものになっていく」「客の没入体験こそがビジネスモデルの核心であることを、ディズニーは忘れつつある」――。

毒を消し去る魔法の王国

ディズニーのウェブサイトによれば、同社は近年、テーマパークがさらに多様性を尊重した「インクルーシブ」なものとなり、「すべてのお客様がつながり、感動できる」体験を提供できるよう、さまざまな変更を行ってきたという。

そうした変更の一環として、ディズニーは昨年、人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」の題材変更を発表した。スプラッシュ・マウンテンはそれまで、元奴隷がアフリカの民話を物語る1946年のディズニー映画『南部の唄(うた)』を下敷きにしていた。

同様の変更はテーマパーク以外にも広がり、公式動画配信サービス「ディズニープラス」では『南部の唄』を配信しないとの決定が下された。

次ページカリブの海賊の場面も一部差し替え
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT