「張り紙1枚」で交通の利便性は飛躍的に高まる

震災10年の津波被災地をたどる・福島いわき編

常磐線のいわき駅。JRの特急はもちろん、高速バス・路線バスが発着する地域の交通の結節点だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(10枚)

2021年3月11日に、東日本大震災の発生から10年が経過した。ひとつの区切りではあるが、復興が終わったわけではない。公共交通機関についても、鉄道は一応の復旧が完了したが、沿線の状況を含めて”昔の通り”とはいかない。

これまで、被災した鉄道については運転再開まで詳細に取材してきた。津波に襲われた範囲は、南は千葉県から北は青森県まで非常に広い範囲に及ぶ。当然、鉄道がない地域もある。それゆえ、路線バスを含めて、できるだけ海に沿って公共交通機関を乗り継ぎ、現状を見てみようと思い立った。

東北の玄関口から北上

最初は3月10日の朝、福島県の最南端に当たる、JR常磐線勿来(なこそ)駅からスタートした。「勿来の関」で知られる、東北の玄関口でもある。

JR常磐線の勿来駅(筆者撮影)

駅に着くとすぐ、まず7時36分発の上り水戸行きが入ってきた。かなり乗り込む人がいる。県境を越えて茨城県側に通う通勤客だ。筆者が乗り込んだ7時42分発の下りいわき行きにも先客が多く、5両編成の席がさらっと埋まっている。一般的には県境を越えると経済圏は別々になるが、ここはそうではない。「縦割り」にならない経済振興施策が求められるだろう。

発車すると、右手の車窓には勿来火力発電所が見えた。原子力発電所が使えない分、電力需要を支えている発電所の1つだ。震災では全発電機が被災したそうだが、6月以降に順次、復旧にこぎつけている。

次ページ貨物駅跡に巨大ショッピングセンター
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT