「張り紙1枚」で交通の利便性は飛躍的に高まる

震災10年の津波被災地をたどる・福島いわき編

常磐線のいわき駅。JRの特急はもちろん、高速バス・路線バスが発着する地域の交通の結節点だ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(10枚)

2021年3月11日に、東日本大震災の発生から10年が経過した。ひとつの区切りではあるが、復興が終わったわけではない。公共交通機関についても、鉄道は一応の復旧が完了したが、沿線の状況を含めて”昔の通り”とはいかない。

これまで、被災した鉄道については運転再開まで詳細に取材してきた。津波に襲われた範囲は、南は千葉県から北は青森県まで非常に広い範囲に及ぶ。当然、鉄道がない地域もある。それゆえ、路線バスを含めて、できるだけ海に沿って公共交通機関を乗り継ぎ、現状を見てみようと思い立った。

東北の玄関口から北上

最初は3月10日の朝、福島県の最南端に当たる、JR常磐線勿来(なこそ)駅からスタートした。「勿来の関」で知られる、東北の玄関口でもある。

JR常磐線の勿来駅(筆者撮影)

駅に着くとすぐ、まず7時36分発の上り水戸行きが入ってきた。かなり乗り込む人がいる。県境を越えて茨城県側に通う通勤客だ。筆者が乗り込んだ7時42分発の下りいわき行きにも先客が多く、5両編成の席がさらっと埋まっている。一般的には県境を越えると経済圏は別々になるが、ここはそうではない。「縦割り」にならない経済振興施策が求められるだろう。

発車すると、右手の車窓には勿来火力発電所が見えた。原子力発電所が使えない分、電力需要を支えている発電所の1つだ。震災では全発電機が被災したそうだが、6月以降に順次、復旧にこぎつけている。

次ページ貨物駅跡に巨大ショッピングセンター
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT