横浜ロープウェー、高さ40m「異常時」どう救助?

海保救難艇からはしご車まで出動して合同訓練

横浜に開業するロープウェーでゴンドラが空中で動かなくなる「最悪の事態」を想定した訓練を実施した(記者撮影)
この記事の画像を見る(41枚)

横浜のみなとみらい21地区には、帆船日本丸や横浜ランドマークタワー、デジタル時計付きの巨大観覧車「コスモクロック21」といった観光スポットが多い。4月22日開業の常設都市型ロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」は、みなとみらいの景観を眺めながら“空中散歩”を楽しめるのが最大のセールスポイントだ。

JR・横浜市営地下鉄の桜木町駅と「赤レンガ倉庫」がある新港地区の間の約630mは大部分が海上を通る。36台あるゴンドラは8人乗りで、合計の定員は288人。最大で40mの高さからの眺望には期待が持てそうだが、一方で不安に感じる点がないわけでない。もし、空中で動かなくなり、ゴンドラに閉じ込められたとしたら……。そのような場合、どうやって乗客を救助するのか。

開業前に官民で合同訓練

4月12日、運行開始を10日後に控え、ロープウェーを運営する泉陽興業と、海上保安庁、横浜市消防局など関係機関が官民一体の合同訓練を実施した。訓練は午前の「海上の部」と、午後の「陸上の部」に分け、それぞれ異なる救助方法がとられた。

救助要員が特殊な装置でロープを伝いゴンドラに近づく(記者撮影)

海上の部は10時にスタート。泉陽興業の関係者のほか、海上保安庁10人、警察15人、消防関係15人を含む約70人が参加した。水中にある3本の支柱のうち、最も高さがある「第3号支柱」付近でゴンドラが動かなくなった想定だ。

初めに泉陽興業のゴムボートが到着。同社はゴムボートを4隻用意していて、非常時は2チームで運用するという。救助要員はロープウェーを担当する同社事業所の技術課社員で、普段は整備を担当する。支柱のはしごを上り、最上部から特殊な装置でロープを伝ってゴンドラの屋根へ到達。「お客さま、これより救助に入ります。ドアからなるべく離れ、シートに座って安全な姿勢でお待ちください」と大声でゴンドラ内に呼びかけた。

次ページゴンドラから出て真下に降りる
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT