横浜ロープウェー、高さ40m「異常時」どう救助?

海保救難艇からはしご車まで出動して合同訓練

救助要員は空中でゴンドラのドアを開け、中に入ると2人の乗客役に縛帯(ハーネス)を装着。乗客役は1人ずつ、ロープで吊られてゆっくりと真下で待機するボートに降ろされた。その後、海上保安庁の高速警備救難艇や鶴見消防署の救助艇「ゆめはま」に乗り移り、桟橋まで無事送り届けられた。

午前の訓練は2時間の予定だったが、風が穏やかだったこともあり1時間15分ほどで終了した。

陸上でははしご車が出動

一方、陸上での救助を想定した訓練は14時に開始。こちらは、はしご車が出動して消防隊員が活動のメインとなる。消防関係者には午前の部とは違った緊張感があった。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

訓練の舞台は大岡川にかかる北仲橋の上。片側3車線の一般道路のうち、2車線を使用することになるため時間の超過が許されない。予定では30分間だが、実際に訓練作業に充てられる時間はさらに限られる。

はしご車が短くサイレンを鳴らして現場に到着すると、付近を通りがかった歩行者が驚いた表情で視線を向けていた。はしご車は消防車メーカー、モリタの2006年製で35m級のはしごを搭載。バスケットと呼ぶはしごの先のかごの最大積載量は270kgという。

次ページ「ロープウェーの救助訓練は初めて」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT