「書くこと」が苦手な人が知らない「文章の型」

ビジネスでも入試でも役立つ「超実践的」文章術

少しだけ「型」を身につけることで、相手が納得する文章が書けます(写真:xiangtao/PIXTA)
企画書やプレゼン資料、依頼書、メールなど“書くことが苦手”と感じているビジネスパーソンは少なくないでしょう。人気の国語教室を運営する善方威氏は、「学校では読書感想文などの『感想』を書かせられることはあっても、論理的な文章を書く機会はほとんどなかったため、多くの人が苦手としている」と指摘します。
ですが、そんな人も実は、少しだけ型を身につけることで相手が納得する文章が書けるといいます。ビジネスシーンでも入試の記述問題でも大活躍するという“文章の型”について聞きました。
※本稿は『全試験対応! わかる・書ける・受かる 超思考力』より一部抜粋・編集したものです。

思考を上手にアウトプットするコツ

詰め込んだ知識を問う入試から思考力入試へと流れが変化したことによって、国語のみならず思考力を高めなければ解けない問題が増えていますが、こういった問題は、論理的にものを考える方法(「思考の道具」)で解決できることを、前回までの記事でお伝えしてきました。

この「思考の道具」を使えば、国語だけでなく、社会、適性検査、そして東大の歴史の問題にも対処することができるうえ、社会に出たときにも大いに役立ちます。

そして深めた思考は、上手に「アウトプット」していかなければなりません。いくら頭のなかで素晴らしい思考を展開していたとしても、うまく表現できなければ、宝のもちぐされ。思考していないのと同じとみなされても仕方ありません。「アウトプット」にはコツがあります。今回は、学生でも社会人でも活用できるいくつかの文章のコツをお伝えしましょう。

次ページ大事なポイントは“うしろ”に配置する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT