松山より先にオーガスタV「梶谷翼」17歳の凄さ

渋野日向子と同郷、父が語った成長の軌跡

毎年7月にアメリカ・サンディエゴで「世界ジュニア選手権」が行われる。6歳以下から2歳刻みの年齢カテゴリーになっており、最後は15~18歳で、世界中の同年代の選手たちと争う大会になる。筆者は2011年から取材に関わっている。

梶谷が初めて出場したのは2012年だった。7~8歳の部の日本予選、決勝を勝ち抜いて日本代表として日の丸をつけて戦い、優勝を果たした。

大きなトロフィーをもらってご満悦の梶谷。撮影していた筆者が「何か、ポーズ作ろうか」と思案していると、梶谷は頭の上にトロフィーを載せる。以後、世界ジュニアの表彰式でトロフィーを頭に載せる選手が多くなっている。17歳になっても、このポーズを決めてくれた。

世界ジュニア選手権を優勝し、頭の上にトロフィーを乗せる梶谷(中央)(写真提供:国際ジュニアゴルフ育成協会)

幼少期の梶谷は内気な子だった

岡山県出身の梶谷は、7歳のときに父の教義(たかよし)さんにゴルフ練習場に連れていってもらったのがきっかけで、ゴルフを始めている。2011年以降、多くのジュニアゴルファーにアンケートを取っているが、お父さんに練習場に連れていかれたことをきっかけに、プロゴルファーを目指す、というのが多くの子どもたちのゴルフの始まりだ。

その後「プロ」を前提に、親からゴルフを「やらされる」選手も少なくないのが、日本に限らず世界の現状でもある。親の将来を子どもに預ける。親の考え方なので「問題だ」とは言わないが、子どもにとっては大きなプレッシャーを感じるだろうし、成功するのはほんの一握りというのが現実でもある。

梶谷の場合、どんな「育ち方」をしたのだろう。筆者が出会ったときから、父の教義さんは看護師をしている。父、母、弟の4人家族。ゴルフが趣味の教義さんは80台、よければ70台で回れる腕を持っていたそうだ。

「翼は内気な子でした。ゴルフは個人スポーツですけど、一緒に回る人がいてコミュニケーションが必要ですし、自分が審判をする、マナーを学べる、そう思ってさせてみました。クラブにボールを当てるというのは初めてだとなかなかできないのですが、翼はしっかりヒットしていた」

素質はありそうと思ったそうだ。練習場で見知らぬ人からこう言われた。

「娘をプロにしたいんなら、お父さんはゴルフをやめなさい」

子どもは大人の真似をする。変な癖がつかないようにというアドバイスで、教義さんは趣味をあきらめた。

次ページ世界ジュニアの予選に「家族旅行の気分」で参戦
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT