松山より先にオーガスタV「梶谷翼」17歳の凄さ

渋野日向子と同郷、父が語った成長の軌跡

まだ17歳、これからが大変だ。今年の女子プロテストを受験する予定だが、その前に今回の優勝で女子ツアーのトーナメントから推薦の出場オファーがいくつも届いているという。すでに5月の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンへの出場が決まっている。

教義さんは「今年の女子ツアーは2年間で1シーズンになっていますが、アマチュアが出られる試合数が規定で8試合。あと2試合しか出られないんです」と、悩ましい選択に迫られている。

2021年は37試合開催予定で、2020年に行われた14試合と合わせて51試合で1シーズンとなる。今年は新型コロナウイルス感染防止対策のうえでの有観客試合もでてきている。学業との兼ね合いはあるが、梶谷を見たいファンも多いだろう。

ゴルフ界にとっては明るい材料

岡山県ゴルフ協会のジュニア会員登録。石川遼が出てきた2009年ごろに500人を超えたが、その後減少に転じていた。「渋野選手の活躍で増えてきて今は230人ほどです」(小川事務局長)。梶谷優勝で問い合わせもあり「さらに」と期待感がある。

梶谷が育った世界ジュニアの開催はコロナ禍で不透明だが、日本代表を決める日本予選が現在各地で開催されている。国際ジュニアゴルフ育成協会ではこれまで日本代表の渡航費用の補助をしてきたが、今年はコロナ禍で協賛スポンサーが減っている。男女ツアーには時松隆光、畑岡奈紗らここ10年ほどの世界ジュニア経験者は多い。「翼のような選手が出てくるよう、これからも続けます」と井上代表理事。今年も約1000人がかつての梶谷のように世界を目指している。

子どもたちが「自分から」ゴルフを始めたい、「世界を目指してみよう」と思えるような目標に、年齢的にも身近な梶谷がなっていくなら、ゴルフ界には明るい材料だ。こうした選手が多く出るように「環境」をつくる家族、地域、組織(協会)であることも大切なことを、あらためて梶谷が教えてくれた。同時にそうした環境をなくさないことも、今後の子どもたちのために大事だ。(一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT