「出世の見込みがない人」ほどイキイキと働ける

働かないオジサンにならない4つの働き方(下)

専門性は、専門知識を持っていない人にそれを提供して、役立ててもらうという側面が重要なのである。得た知識を真に役立てるには、他人との関係こそがポイントになってくる。高い能力やスキルだけでは、転職や独立することはできない。サラリーマンから独立を目指している人には、そこを勘違いしている人もいる。

そういう意味では、若いうちから対人関係力を磨けるという意味で、会社で働くことはいい機会だ。仕事で突き抜けるためには、人との関係がモノを言うのである。

独立するか、会社員を続けるかの二者択一ではない

前回と今回で、「働かないオジサンにならない4つ働き方」を見てきた。そこからわかるのは、退社するか、会社に残って働かないオジサンになるかという選択だけでなく、多様な働き方がありうるということだ。

会社を退職して起業や独立を果たす人もいれば、仕事を続けながらスノーボードで充実感を得る人もいる。美容師や物書きを目指して長い時間をかけて取り組み、その後に独立する人、会社との雇用関係を業務委託関係に変更することを自ら申し出て、2つの立場で活躍している人……。私自身も、会社員とフリーランスという2つの立場を持っている。

ビジネスパーソンの多くは、会社に残るか、独立起業するかの二者択一の議論に陥りがちだ。しかし、どちらもしょせんは働き方の問題にすぎない。本当の目的は、自分を活かしてイキイキと働くことである。そのためには、その人にフィットした働き方を見いだすことが大切である。

二者択一の発想になるのは、会社という組織の枠組みを強固なものと考えすぎ、人の能力やスキルの多様性をあまり認めない、一律思考が根元にあるのではないだろうか。

最後に、あなたの周りに「枠組み脱出型(Cエリア)」「仕事突き抜け型(Dエリア)」の社員はいないだろうか。できれば、ほかの読者とも共有して、この「働かないオジサンにならない4つの働き方」を幅広く検討したいと考えている。ぜひツィートにて紹介していただきたい。

※Twitterで、ハッシュタグ「#働かないオジサン」をつけて投稿してください。いただいたご意見は、連載の中で紹介させていただくことがあります。なお、ご意見を紹介させていただいた方には、筆者のサイン入り書籍『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』をプレゼントいたします。

新刊『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』大好評発売中!(Kindle版はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。