「出世の見込みがない人」ほどイキイキと働ける

働かないオジサンにならない4つの働き方(下)

「枠組み脱出型(Cエリア)」と「仕事突き抜け型(Dエリア)」の住民は、自分が充実できる場を社外に求めている。両者の違いは、「承認」に喜びを感じるか、「仕事」自体の遂行に喜びを感じるかである。

枠組み脱出型:認められることが力になる

■「マラソンで言うたら、トップグループにおるで」

以前、K君という30代後半の方の相談に乗ったことがある。「会社の同期が毎年毎年、課長職に登用されていくのに、自分だけが取り残されています」。K君は、最初に昇格した同期から4年遅れることが確定して、ショックを受けていた。落ち込んだ様子の彼は、スノーボードがとても好きだという。

そのとき、私は「出世できないことが確定的で、ローンも抱えていない。しかも好きなことがある。それはマラソンで言うたら、トップグループを走ってるで」と彼に語りかけた。

あれから4年、K君がぜひ話したいというので、久しぶりに喫茶店で会った。打って変わってエネルギッシュな彼の顔つきを見て驚いた。

現在のK君は、会社勤めのかたわら、スノーボードの公認インストラクターの資格を取得していた。シーズンの週末になると現場に向かう。自分の持つ技術を人に教えて、相手に感謝されるということがいかに楽しいかを、彼は私に語った。

子どもを教えていると、両親が缶ジュースの差し入れをしてくれて、感謝の言葉をいただくこともあるそうだ。最近は、1度教えた生徒から指名を受けることもあって、社内では得ることのできない充実感があるという。

しかも、会社の仕事についても「かつてより良い仕事ができるようになった」と語っていたことが印象的だった。2年前に課長職にも昇格していた。

次ページ会社という「塀」の外を意識する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT