日本企業「コロナ禍で大健闘」と見る人の大誤解

業績回復は見かけだけ、支援がなかったら?

中小企業の経常利益の3割は政府の支援によるものだ(写真:bee/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第39回。

企業の実力で回復したのか? 

2020年後半の企業業績の回復は著しい。全企業の経常利益はほぼ前年並みになった。

この連載の一覧はこちら

しかし、このかなりの部分は、政府の給付金などによるものだ。2020年7~12月において、支援策が経常利益に占める比重は、全企業については16.9%、中堅・中小企業では、実に約3分の1にもなる。支援策がなかったとすれば、2020年10~12月期の経常利益の対前年同期比は、全企業で14.5%減、中堅・中小企業では、25.4%減となっていただろう。

法人企業統計調査によれば、企業の業績は2020年10~12月期に顕著に回復した。

対前年同期比でみて、全企業(金融保険を除く)の経常利益は0.7%減と、ほぼ前年並みになった。

しかし、企業の実力だけで本当にこれだけ回復したのだろうか?

そうではないと考えられる理由がある。

まず、売上高の回復に比べて、利益の回復が顕著すぎる。

2020年10~12月期における売上高の対前年同期比は4.5%減だ。ところが、上に見たように、経常利益は前年並みに回復している。

通常、利益は売上高と同方向に、もっと大きな率で変動する。前年同期に比べて売り上げが4.5%減であれば、利益はもっと大きな減少率になっていないとおかしい。

このように不自然な現象を起こした原因は、政府補助以外には考えられない。

実際、雇用調整助成金、持続化給付金、家賃補助金など、多額の政府の給付金や助成金が支出されている。さらに、自治体を通じた休業手当などもある。

これらの総額は10兆円を超える。他方で経常利益は、2020年10~12月で18.5兆円、2020年7~12月で30.8兆円だ。だから、経常利益のかなりの部分は、政府補助によると想像される。

以下では、どのようなルートを通じて政府支援が企業利益に影響したかを分析する。

次ページ中小企業等の定義
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT