日本企業「コロナ禍で大健闘」と見る人の大誤解

業績回復は見かけだけ、支援がなかったら?

中小企業の経常利益の3割は政府の支援によるものだ(写真:bee/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第39回。

企業の実力で回復したのか? 

2020年後半の企業業績の回復は著しい。全企業の経常利益はほぼ前年並みになった。

この連載の一覧はこちら

しかし、このかなりの部分は、政府の給付金などによるものだ。2020年7~12月において、支援策が経常利益に占める比重は、全企業については16.9%、中堅・中小企業では、実に約3分の1にもなる。支援策がなかったとすれば、2020年10~12月期の経常利益の対前年同期比は、全企業で14.5%減、中堅・中小企業では、25.4%減となっていただろう。

法人企業統計調査によれば、企業の業績は2020年10~12月期に顕著に回復した。

対前年同期比でみて、全企業(金融保険を除く)の経常利益は0.7%減と、ほぼ前年並みになった。

しかし、企業の実力だけで本当にこれだけ回復したのだろうか?

そうではないと考えられる理由がある。

まず、売上高の回復に比べて、利益の回復が顕著すぎる。

2020年10~12月期における売上高の対前年同期比は4.5%減だ。ところが、上に見たように、経常利益は前年並みに回復している。

通常、利益は売上高と同方向に、もっと大きな率で変動する。前年同期に比べて売り上げが4.5%減であれば、利益はもっと大きな減少率になっていないとおかしい。

このように不自然な現象を起こした原因は、政府補助以外には考えられない。

実際、雇用調整助成金、持続化給付金、家賃補助金など、多額の政府の給付金や助成金が支出されている。さらに、自治体を通じた休業手当などもある。

これらの総額は10兆円を超える。他方で経常利益は、2020年10~12月で18.5兆円、2020年7~12月で30.8兆円だ。だから、経常利益のかなりの部分は、政府補助によると想像される。

以下では、どのようなルートを通じて政府支援が企業利益に影響したかを分析する。

次ページ中小企業等の定義
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT