中学受験「偏差値40台」目指した子の最後の結末

偏差値50以下の受験に挑むことの意義

偏差値40台を目指す中学受験。その成果とは?(写真:Fast&Slow / PIXTA)

コロナの中でも、新しい季節は変わらずやってくる。2月の中学受験シーズンを終えた東京の街。卒塾する6年生を送り終えた塾の教室に、夕方、来年以降に受験を目指す子どもたちが続々と入って行く。

“勉強漬けでかわいそう”。そんな憐れむような、冷ややかな視線を送る大人も少なくない。とくに偏差値が50に届かない、40台や30台の子どもたちは気の毒などと言われがちだ。

この連載の一覧はこちら

勉強ができない子は、勉強が嫌いだからやらない。だから、成績も上がらない。多くの大人はそんな理屈で考えがちだが、一人ひとりを細やかに見ると、子どもによって事情はまったく違う。

「情報を探しても、うちのようなケースの話はまったく見当たらなくて、本当に苦しかった」

先日、娘が中学受験を終えたばかりの藤堂美佐子さん(仮名)はそう振り返る。

「偏差値の低い子は、地元の中学に行ったって、結局、自己肯定感を喪失させられます。偏差値を中心に評価されるような中学生活を、娘には送らせたくなかった」

あまり語られることのない、中学入試の偏差値低位層における子どもたちの受験模様。懸命に中学受験の学びを続けた少女の家族に話を聞いた。

合格した第一志望校は偏差値40台

東京都に住む来夢さん(6年生、仮名)は、この2月、志望していた私立中学から合格通知を受け取った。「私、第一志望校に合格できた!」声を弾ませる来夢さんは、自信に満ちていた。

四谷大塚の偏差値では40台後半に名前の載る学校だ。偏差値上位校に入ることこそが、中学受験の成功だと考える価値観からすると、この程度の偏差値では“成功とは呼べない”。そう考える人もいるだろう。だが、彼女にとっては間違いなく、これは大きな勝利だった。

次ページ勉強の不出来は、やる気次第と思っていたが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT