高級ホテル「30泊プラン」ははたしてお得なのか

帝国ホテル、ニューオータニなどが続々発売

高級ホテルの長期滞在プラン、それははたしてお得なのでしょうか?写真は帝国ホテル(写真:森田宗一郎)

帝国ホテルやホテルニューオータニなど、東京都内の名だたる高級ホテルが「長期滞在プラン」を開始し、完売続出中だという。リモートワークの拠点として、またはワーケーションやステイケーション体験として、「憧れのホテル暮らし」をしてみませんか?というわけだ。

掃除に洗濯、食事もホテル任せにできるなら、なるほどうれしい。しかも都心の一等地にあり、ビジネスにも遊びにも至便このうえない。あとはお値段次第だが、ネットでは「格安!」という声があがったものだ。はたしてそうなのか。

各ホテルのサービスと料金は?

まずは、各ホテルの料金を見てみよう。

最初は、ご存じ帝国ホテル。こちらは「サービスアパートメント」用に客室を改修、専用フロアには共同利用スペースを設置し、そこで朝食用のパンを提供、また洗濯乾燥機や電子レンジ・オーブントースター・アイロンを置くという。

ビジネスラウンジやミーティングルーム、フィットネスやプール等も使える。清掃やリネン類の交換は週3回で、30泊36万円から(食事やランドリーサービスはサブスク方式で提供し、両方使うと30日間で合計9万円かかる)。

共有スペースにレンジやアイロンが置いてあるという点が、ビジネスホテルっぽくてちょっと安心する。

次に、虎ノ門ヒルズに位置するアンダーズ東京。こちらは7泊ごとのウイークリーステイ方式で、28泊まで可能。食事はレストラン、ルームサービス15%オフとなるが、24時間利用可能な「アンダーズ ラウンジ」ではソフトドリンクやスナック無料、イブニングタイムにはカナッペやワインのサービスも受けられる。

次ページ東京タワーや東京湾の眺めも堪能
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT