相当踏ん張った「楽天モバイル」結局買うべきか

新プラン「1GB以下0円」の狙いを読み解いてみる

新たな料金プランを発表した楽天の三木谷社長。その成否は?(撮影:尾形文繁)

楽天モバイルが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表した。その内容がちょっと予想外で、業界周辺はざわついている。

データ使用無制限で2980円という大特価プランを掲げ、3大キャリアの追撃を始めたのが昨年4月。さらに9月には料金据え置きのままで5Gにも対応すると発表。「携帯の常識を覆す」という楽天の矜持を感じたものだ。

ところが、政府からの料金引き下げ要請を受けた形でNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが続々とほぼ同額の廉価ブランドを出す。第4のキャリアとして掲げた旗印「4Gも5Gも2980円」の牙城はあっけなく堀を埋められてしまった。このまま落城してしまうのか、それとも次なる隠し玉があるのか。

筆者を含め、外野はあれこれ予想を立てていた。料金の引き下げは不可避としても、収益を考えるとどのラインまで耐えられるのか。値下げ競争に沈んでいくより、楽天しかできないかつ自社メリットがある方法として、楽天ポイントにシフトするのが妥当ではないか。

たとえば料金に対し10~20%のポイント還元で実質値下げ、加えてSPU(楽天ポイントアッププログラム)も倍率アップ……あたりではと想像していたのだが、ふたを開けてみればポイントのポの字もなかった。

小細工なし、料金で真っ向勝負――それが、楽天の選んだ戦略だ。

月額料金「1GB0円」の出血大サービス?

4月からスタートする楽天モバイルの新プランについて“利用者目線”で整理しよう。筆者が注目したのは以下の3点だ。

1. データ使用料に応じた0円から2980円までの段階料金

特徴的なのは、使い放題の一律料金から、データ利用料ごとの段階料金にシフトした点だ。

・月間データ利用量が1GB以下の場合は0円
・1GBを超え3GB以下は980円
・3GBを超え20GB以下は1980円
・20GBを超えた以降はデータ利用量上限なしで月額2980円
(※価格は税別。高速通信でデータ無制限は楽天回線エリアのみ。国内のパートナー回線エリアで月間5GBまで、超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限される)

説明会資料によれば、日本におけるユーザーひと月当たりのデータ利用料は、2GBまでが49.5%、5GBまでが16.5%となっており、これらのライトユーザーが全体の66%を占めるという。

次ページ3大大手へのあからさまな対抗策
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT