「議論するカップル」がフランスでは日常のワケ

映画で知るフランスの男と女と家族と文化

フランス映画にみる恋の始め方(写真:kupicoo/iStock)
Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)など動画配信サービスでドラマや映画を楽しむ人が増えています。昨年は「梨泰院クラス」「愛の不時着」が話題となりましたが、海外コンテンツは韓流ドラマだけではありません。
気軽に海外旅行に行けるその日まで、埋もれた名作、フランス映画を掘り起こし、フランスの「文化の香り」に触れてみるのはどうでしょうか。パリ郊外の大学で映画理論を学んだ筆者の目に映る、フランス映画とフランスに住まう人をお伝えします。

恋の始まりは気の利いたセリフから

“T’as d’beaux yeux, tu sais.”(ねぇ知ってるかい、君はとても美しい瞳をしている。)

映画「霧の波止場」(マルセル・カルネ監督、1938年公開)でジャン・ギャバンがミシェル・モルガンを最初に口説いたときに使った最も有名なセリフだ。ミシェル・モルガンは当時18歳。強力な目力がある美しい少女はシンプルに答える。

“Embrasse-moi”(キスして。)

80年以上の長きにわたってこの映画は、「詩的なリアリズム」を表現した名作として語り継がれている。

セリフ、はフランスではとても大事だ。

フランスでは気になる相手に話しかけるとき、それなりに気の利いたセリフを言い、相手もそれなりの返しをする。例えば「あの頃エッフェル塔の下で」(アルノー・デプレシャン監督、2015年公開)で、17歳の主人公ピエールが、その後の人生に強い印象と影響を与えるエステールを口説いたときのやり取り。

「うちの妹と同じクラスだよね。」
「知ってる。あなたが私の後つけてるの気づいてないと思った?私自分のこときれいだと思わないけど……。まぁ、お尻は悪くないかな。」
「囲碁をやりにうち来ない?」
「囲碁?なにそれ?」
「中国の遊びだよ。教えてあげるよ。」
「聞いたこともないわ。というか、名前ももう忘れたわ。」
「いい?まずこれが碁盤で……。」
「ぜんぜん覚え切れない。」
「もちろん1回じゃわからないよ。絶対もう一度会わないと。」
「しょっちゅう会わないといけないの?」
「もちろん、しょっちゅう定期的にね。最初の2年間は多分君もぎこちないだろうから、それから、少しずつ慣れていって……。」
「飽きたりしない?」
「まさか!すごく楽しいんだから。」
(筆者訳)
次ページただの「恋愛話」に終わらない政治、家族、未来の「主張」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT