拒食症だった彼女が「人気料理家」になった経緯

入院も経験したMizukiさんの背中を押したもの

「今最も勢いのある料理家」と言われるMizuki氏が得意とするのは、「簡単・時短・節約」レシピの考案だ。写真は「鮭の野菜あんかけ」(写真:主婦の友提供)

毎朝、レシピをアップするブログのページビュー(PV)が月間300万に上り、インスタグラムのフォロワーは60万人を超える。レシピ業界筋から「今、最も勢いがある」と評される料理家Mizuki氏は、実は拒食症で苦しんだつらい過去を持つ。

その体験を赤裸々につづったエッセイ集『普通のおいしいをつくるひと』を1月に上梓している。一時は体重が23キロまで落ちたという彼女を奮い立たせ、人気料理家に導いたものはなんだったのだろうか。

19歳から23歳ま入退院を繰り返す

和歌山県に住む34歳のMizuki氏は幼い頃から感受性が豊かだったという。小学校の頃、8時15分までに着けばいい学校に、7時半までに着いていなければ不安で、予定が狂うと学校へ行けなくなった。

理想の自分になれない歯がゆさを抱えていた高校時代、うつ病になり食事がのどを通らなくなっていく。体重計に乗って体重が減っていると、安心し満たされた気分になったという。大学進学で家を出たものの、体調を崩した母を手伝うために実家に戻った後、1人暮らしの部屋に帰れなくなってしまう。

ブログやインスタのほか、レシピ本も人気のMizuki氏(写真:主婦の友提供)

体重が増えるのが怖くて、食べられない日々。病院に行けば、食べなくてはならなくなる、と通院も拒否した。ついには、身長162センチに対し体重は23キロまで下がり、胃痙攣を起こして病院へ緊急搬送される。「動かしたら死んでしまう」と言われて入院した。19歳から23歳まで、入退院をくり返したという。

その後、通院した総合病院で、「食べたくなったときに、食べたいものを口にすればいい」と言ってくれる心療内科医と出会え、投薬で恐怖心が薄らいでいる間に固形物を食べるようになる。冷静さを取り戻し始めると、支えてくれる家族の負担を思いやれるようになった。そんなあるとき、体重が増えてもいい、「もういいや」と自分を許す瞬間が訪れ、回復へ向かう。

特に負担をかけていた相手が、母だった。病院で、「どうしてこんなになるまで、ほおっておいたのか」と責められるのも母。病院への送迎、入浴介助。「死にたい」と泣いたとき、「一緒に死のうか」と言ってくれた。食べ過ぎるのを恐れて家で食べられなかったとき、外食するのに付き合ってくれた。母の努力に応えたい。その思いが、Mizuki氏を料理の道へと進ませる。

次ページ24歳で最初に作ったマフィンが話題に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT