世界を旅する写真家が感じた「ダッカ」の息吹

予定調和とはかけ離れた出会いに満ちている

人々は気さくで、歩いていると何度も何度も声をかけられる。一番多いのは「What is your country?」で、二番目は「ハワユー?」と「ホワッツユアネーム?」である。

回答した後に「and you?」とこちらが続けても、答えが返ってくることはほぼない。何かを尋ねたいというよりは、とにかく一方的に話しかけたい、知っている英語を使いたいということなのだろう。

声かけ以上にぼくを疲弊させるのは、人々のぶしつけな視線である。外国人がめずらしいのはわかるのだが、あんなにジロジロ見なくてもいいではないか。遠くから瞬きもせずにじっと見られていることも多く、大袈裟ではなく、どこにいても必ず誰かがぼくを見つめている。

無言で他人を見つめる恥ずかしさがない

無言で他人を見つめることに多少の恥ずかしさを感じるのが普通の人間だと思うのだが、バングラデシュの人にはそれがない。よくいえば素直でストレート、悪くいえば無遠慮で配慮に欠ける。

こうした人々からにじみ出るある種の「自由さ」は、社会の隅々に浸透している。すべて手作りのリキシャは、それぞれ意匠が異なり、車体に描かれているペインティングもインドの人気俳優から謎の柄までさまざまだし、三輪タクシーも同じように見えて、カーテンを付けていたり、格子の目を楕円にしたり平行四辺形にするなど、必ず何か手を加えている。

バスはどこかの国で使われていた中古なので、それぞれ形が異なる。車体にはどう考えても面白がって描いているとしか思えない図柄があふれていて、無味乾燥な統一デザインはどこにもない。

次ページ驚きと発見の連続
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT