資金・部員不足で窮地「大学新聞」学生らの苦闘

コロナ禍も追い打ち、それでも続ける理由

「上智新聞」を広げる編集メンバーの齋藤由季花さん(撮影:板垣聡旨)
「○○大学新聞」といった媒体を目にしたことはあるだろうか。中高年には郷愁を感じさせるメディアだが、いまの大学生は「?」かもしれない。大学新聞の歴史は古く、中には前身も含め戦前から続くものもある。存続中の各大学では部員や資金が不足し、紙からWebに軸足を移している。廃刊・廃部に追い込まれた新聞も少なくない。それでも「紙」にこだわり、新聞を作り続けているところがある。書き続け、作り続ける大学生を取材した。

コロナ禍が広告収入減が「大打撃」

「約20万円の広告収入減は、私たちにとって大打撃でした。購読による売り上げが年間約190万円。各月の広告費で、上智新聞は年間約100万円、合計で約290万円の収入を得ていました。でも紙面を印刷するには1回10万円前後もかかるときがあって……。郵送費で年約130万円、そこに備品購入やWebページ管理費などの支出もあり、常にキツキツで。そこに追い討ちをかける形になりました」

東京の上智大学には「上智新聞」という学生新聞がある。発行は上智新聞編集局という大学公認の団体だ。その「局長」を2020年8月まで務めた山田みうさん(国文学科・3年)は、「大打撃」という言葉を使って苦しさを表した。いつも広告を出稿してくれていた大手金融機関から、広告の掲載を止められたという。

上智新聞は月1回発行の月刊紙で、学内で配る「紙」は昨年11月時点で4300部。自宅へ届ける定期購読数は約700部だという。定期購読の料金は年間2700円だ。山田さんは言う。

「今年の4月号は拡大号で、12面カラー版の予定です。広告収入の大きなチャンスでした。毎年4月号だけは、大手銀行さんから約20万円の広告費をいただいていたんです。広告費としては一番大きな金額でした。それが、コロナの影響で広告出稿の話がなくなってしまった」

次ページ大学新聞の最古は慶應大の「三田新聞」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT