資金・部員不足で窮地「大学新聞」学生らの苦闘

コロナ禍も追い打ち、それでも続ける理由

では、大学新聞はこれからどこに向かうのだろうか。教育ジャーナリストの小林哲夫氏(61)は「今の大学新聞には堂々とした姿勢が足りません」と言う。小林氏は30年以上、大学生の実態を追い続けている。

「今の大学新聞には堂々とした姿勢が足りない」と語る教育ジャーナリストの小林哲夫氏(撮影:板垣聡旨)

「バブル時代を経て、ポップカルチャーが学生に好まれるようになり、それに伴って大学新聞の記事もポップカルチャー化してきました。ミスコンの開催記事とか、面白そうなイベントが学内であるよ、とか。

それから、野球のリーグ戦などのスポーツ関連。大学の動きは伝えていますが、そういうイベント報道を軸にしたものに変わりました。『本当に学生が作っているの? 実は大学当局では?』と思わせるような広報新聞が多い気がしますね」

「せっかく学生がメディアを持っているわけですから、難しいかもしれないですが、例えば日本大学なら『アメフト問題』を学生目線で取り上げるとか、試みてほしかった。

また、慶應義塾大でミスコンの主催者に集団強姦容疑が問われる報道がありましたが、同大学の大学新聞はミスコン出場者を大きく紹介するなどの広報的な記事を出し続けているだけで、この問題を追及しませんでした。

同じキャンパスに通う学生だからこそ問題提起することができたと思います。気づかなかったとしても、大学ミスコンが社会で問題視されている現状を考えれば、『大学ミスコンは変じゃないのか?』という声を取り上げてもいいわけです」

裏口入学の斡旋問題を取り上げたことも

小林氏によれば、戦前から続く大学新聞は、その大学が社会の潮流と関連すること、社会で起きている大きな問題を学生目線で伝えることが使命だったという。例えば、有名大学の新聞はかつて、教授の裏口入学の斡旋問題を取り上げた。教授が受け取った謝礼を税務申告せずに脱税していたことや、大学自体の使途不明金問題にまで切り込んだことがある。

こうした姿勢は大学新聞から消滅してしまうのだろうか。小林氏は「悲観はしていません」と言う。

「その時代のやり方で一所懸命やればいいし、そのために僕たち大人を使ってもいい。大人を批判してもいい。だから、もっと堂々としてほしいなと思います。『こんな記事に書いたら将来、もしかしたらまずいことになるだろうな』といった気持ちが出てくることもあるでしょう。けれど、もうちょっとだけ思い切りやってもいい。私はそう思います」

取材:板垣聡旨=フロントラインプレス(Frontline Press)所属

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT