「仕事や趣味で成果を出す人」が随時している事

行き詰まった時の「軌道修正」の簡単なやり方

趣味やプライベートで設定した目標は、軌道修正することも大切です(写真:ミヤヒロ/PIXTA)
未曾有の社会情勢の中、「このままではまずい。でも動けていない……」という人が多いのではないでしょうか。オリンピック選手をはじめ、1万5000人以上の目標実現をサポートしてきたメンタルコーチの大平信孝氏は、最新刊『「すぐ動ける人」の週1ノート術』で、「仮決め仮行動で素早く動き出す秘訣」を紹介しています。本稿では、仕事やプライベートにおける目標の再設定や見直し方を指南します。

「軌道修正」をしている人は少ない

仕事でもプライベートでも、今すぐ成果をだしたいときってありますよね。今すぐ成果を出すのに一番簡単で一番効果的な方法を知っていますか? それは……「軌道修正」です。

「軌道修正ってなに?」「それって、難しそう」と思われた方もいるでしょう。多くの人はできないことをできるようになりたいと努力します。その一方で「今の実力、経験でできるはずなのにできていないこと」はスルーしています。そこをできるようにするだけですぐ成果は出ます。

これは仕事でも人生でも同じです。自分が変わったり、成長したり、努力しないとできるようにならないことをできるようにするのはもちろん大事です。でも、それと同じくらい「今の自分でできるはず」のことを着実にできるようにする、取りこぼしをしないというのはすごく大事です。

目標や計画を立てて実行した後、軌道修正をしていますか? 仕事であれば、達成度を確認して目標再設定、計画練り直しということをしている方もいるでしょう。

では、仕事以外の人生、趣味などプライベートで、軌道修正をしていますか? そもそも仕事以外では目標を立てたことがないという方もいるでしょう。目標や計画は立てても、立てっぱなしで、できてもできなくてもそのままという方もいるでしょう。

次ページ軌道修正するにはどうしたら?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT