40歳の節目に「守る」か「攻める」か?

大草直子さんが選ぶ「変わり続ける」人生

大草さんによると、スタイリストには特定顧客の専属でスタイリングをするなど「黒子」に徹するタイプと、自分の名前でメッセージを発信する「発信者」タイプの2種に分かれるという。大草さんは、考えた末、後者であることを極めると決めた。なぜなら、読者に伝えたいメッセージがアタマの中にすでにいっぱいあったからだと言う。

「会社を辞めることも、結婚も出産も離婚も再婚も、いろいろと人生経験を重ねた私は、以前のように『体面重視』の価値観から開放されていました。

人は、離婚したからダメ、会社を辞めたからダメではなく、全員の人生がそれぞれにすばらしいんだと感じるようになっていたのです。それはオシャレも同じ。

ファッション誌は、スリムで美しい人ばかりが登場しますが、われわれは別に9号のパンツが入らなくたって、いいじゃないか。40歳になって顔がくすんで黒のタートルネックが似合わなくなったっていいじゃない。胸が垂れてもシミができてもいいじゃない。自由になるおカネがあまりなくって、服がいっぱい買えなくたっていいじゃないと、心の底から思いました。

また、おしゃれな人=センスのいい人と決めつけられがちですが、おしゃれとはすべての人が享受できる権利であり、センスがなくとも考える力、すなわち知性があれば楽しむことができるんだということを、伝えたかったのです」

ファッション誌は、毎号毎号、ブランドの新作を紹介し、あれも欲しい、これも欲しいと読者の欲望を刺激する。また、ダイエットや美容のページが満載で、われわれに「美しくならなければ」とプレッシャーをかける。

その仕掛け人であるはずのスタイリストが、「別に服をいっぱい持っていなくてもいい」「やせなくたっていい」と、普通の女性の現状を丸ごと肯定したことは、革命的だった。だからこそ、大草さんは、スタイリストとしては、かつてないほどのファンを獲得したのだろう。

やってきた「5年ワンキャリア」の区切り

30代後半で、雑誌の看板スタイリストにして、ベストセラー作家に飛躍した大草さんだったが、もちろんつねに順風満帆だったわけではない。

丸10年誌面作りに貢献した『GRAZIA』も、あっけなく卒業することになった。

「お世話になった編集長が別の雑誌に異動され、新編集長が就任した途端、雑誌のカラーが変わった。そのタイミングで、私、クビになったのです」

次ページ今のままでは、5年後がない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT