成績不振の中学生、親が見落とす「7つの根因」

親は「目の前の現象」にとらわれすぎている

中学生になってだんだんと勉強しなくなり、今ではゲームにハマり、宿題もままならない状態の子。塾に行ったほうがよいのでしょうか? (写真:show999/iStock)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中1の子どものことで相談です。中学になってからだんだんと勉強しなくなり、今ではゲームにハマり、宿題もままならない状態です。テスト前には少しは勉強しているようですが、定期試験の点数も平均程度で、ずっと変わらない状態です。このままでは学力が下がるのではないかと心配で、塾に入れようかと思っています。先生はいかが思われるでしょうか。

(仮名:井上さん)

「うちの子勉強しないんですけど、どうしたらするようになりますか?」「勉強はしていますが学力が上がりません」という学力に関する相談は毎年たくさんいただきます。

学力関係の相談の多くは中学生に関係するものですが、お子さんが置かれた状況を詳細に聞き、そのたびにさまざまな勉強ができるようになるためのアプローチについてお伝えしてきました。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、始めにお伝えしておくと、そもそも筆者は日常生活自体を学びの構造にしてしまうことを提唱しており、親があれこれ画策して子どもに勉強させていくというあり方は推奨していません。なぜなら、これまでの数々の事例から、学びの姿勢は日常生活の中で作られると考えており、教師のように親が勉強に直接介入すると失敗し、親子関係が悪化する事例を数々見てきたからです。

しかし、そうはいうものの、まったく介入しないというわけにもいかないケースもあることでしょう。そこで今回は、「親が子どもの勉強に介入する場合」において、とくに注意しておく重要な点について取り上げたいと思います。

「学力が低迷している」場合にやりがちな3つの失敗例

はじめに「よくやってしまう失敗例」についてご紹介します。

「学力が低迷している」となると、多くの場合、次の3つのいずれかの方法をやってしまうことがあります。

1)塾に入れる
2)勉強量を増やすように言う(例:「勉強もっとしなさい」などの発言)
3)精神論を言う(例:「やる気が足りない、気合が足りない、たるんでいる」などの発言)
次ページこれらの対策をとっても解決は難しい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT