成績不振の中学生、親が見落とす「7つの根因」

親は「目の前の現象」にとらわれすぎている

中学生になってだんだんと勉強しなくなり、今ではゲームにハマり、宿題もままならない状態の子。塾に行ったほうがよいのでしょうか? (写真:show999/iStock)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中1の子どものことで相談です。中学になってからだんだんと勉強しなくなり、今ではゲームにハマり、宿題もままならない状態です。テスト前には少しは勉強しているようですが、定期試験の点数も平均程度で、ずっと変わらない状態です。このままでは学力が下がるのではないかと心配で、塾に入れようかと思っています。先生はいかが思われるでしょうか。

(仮名:井上さん)

「うちの子勉強しないんですけど、どうしたらするようになりますか?」「勉強はしていますが学力が上がりません」という学力に関する相談は毎年たくさんいただきます。

学力関係の相談の多くは中学生に関係するものですが、お子さんが置かれた状況を詳細に聞き、そのたびにさまざまな勉強ができるようになるためのアプローチについてお伝えしてきました。

この連載の記事一覧はこちら

しかし、始めにお伝えしておくと、そもそも筆者は日常生活自体を学びの構造にしてしまうことを提唱しており、親があれこれ画策して子どもに勉強させていくというあり方は推奨していません。なぜなら、これまでの数々の事例から、学びの姿勢は日常生活の中で作られると考えており、教師のように親が勉強に直接介入すると失敗し、親子関係が悪化する事例を数々見てきたからです。

しかし、そうはいうものの、まったく介入しないというわけにもいかないケースもあることでしょう。そこで今回は、「親が子どもの勉強に介入する場合」において、とくに注意しておく重要な点について取り上げたいと思います。

「学力が低迷している」場合にやりがちな3つの失敗例

はじめに「よくやってしまう失敗例」についてご紹介します。

「学力が低迷している」となると、多くの場合、次の3つのいずれかの方法をやってしまうことがあります。

1)塾に入れる
2)勉強量を増やすように言う(例:「勉強もっとしなさい」などの発言)
3)精神論を言う(例:「やる気が足りない、気合が足りない、たるんでいる」などの発言)
次ページこれらの対策をとっても解決は難しい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT