ベンツ「Sクラス」8年ぶり全面改良の超絶進化

デジタル世代のラグジュアリーを再定義する

「Sクラス」としては7代目となるW223型に進化した(写真:メルセデス・ベンツ日本)

メルセデス・ベンツ日本は、同社のLセグメントフラッグシップモデル「Sクラス」のフルモデルチェンジを発表。2021年1月28日より、販売を開始した。

Sクラスはいつの時代も、その時点でメルセデスが持てるすべての技術が搭載され、世界の自動車の指標とされてきたモデルだ。先代は2013年に発表され、累計販売台数は世界で50万台を超えるなど、「最も選ばれているラグジュアリーセダン」の1台となっている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今回、8年ぶりにフルモデルチェンジされた新型Sクラスは「Sensual Purity(官能的純粋)を追求したデザイン」「人間中心の最新技術」「安全性の更なる追求」など、「現代に求められるラグジュアリー」が再定義され、その充実が図られたメルセデスの意欲作だ。

エクステリアデザインは、メルセデスが掲げる「Sensual Purity」と称するデザインの基本思想に基づき、ラインやエッジを大幅に削減。曲線を描く彫刻的な面によって特殊な陰影が生み出され、シンプルかつクリーンでありながら存在感を放つ最新の「ラグジュアリー」が再定義された、今後のメルセデス・ベンツ車のデザインを牽引するものとなっている。

ラインやエッジを減らし“面の張り”で表現

ヘッドライトには、3点が光るデイタイムドライビングライトが備えられており、先代より薄く、小さく、エッジの効いたデザインとなった。緩やかな多角形のラジエーターグリルとともに、フロントエンドはクールでありながらラグジュアリーな印象となっている。

サイドビューは、短いフロントオーバーハングと長いホイールベース、そして高いステータス性を表す長いダッシュ・トゥ・アクセル(前車軸からAピラー下端までの長さ)など、フラッグシップセダンとして均整の取れた基本プロポーションを継承。ラインやエッジを大幅に削減し、美しい面の張りや陰影でラグジュアリーを表現したことが新しい。

前面投影面積がわずかに拡大したにもかかわらず、Cd値は最小で0.22とすることで、世界最高水準のエアロダイナミクスを実現するなど、高い省燃費性能も併せ持っている。

次ページ格納型ドアハンドルを初採用
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT