レクサス初のミニバン「LM」は、どんな車なのか

2020年前半に中国や東南アジアで販売開始へ

4月の上海モーターショーでお披露目されたレクサス初のミニバン「LM」(編集部撮影)

トヨタの「顔」の1つと言えるハイエースは1967年に登場した商用モデルだ。使い勝手のよさはもちろん、絶大な信頼性も相まって今や世界150カ国で販売される人気モデルとなっている。2004年に登場した現行モデルから商用メインとなったが、それ以前は乗用のワゴンも設定され、当時は「ワンボックス界のクラウン」と称されていたほどである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなハイエースワゴンの末裔が「アルファード/ヴェルファイア」。その歴史を振り返ると、1995年に欧州の衝突基準を満たすためにセミキャブオーバー化された、欧州向けハイエースがベースの乗用モデル「グランビア」の事実上の後継モデルとして2002年に登場。2008年に登場した2代目はアルファードに加えて、よりイケイケなフロントマスクが与えられた兄弟車「ヴェルファイア」も登場した。

この頃から、押し出しのあるフロントマスクに広い室内スペース、そして豪華な装備などからファミリーユースのみならず、芸能人や会社役員送迎車などビジネスユースとしても幅広く活用されるようになった。

以前から企画があったレクサスのミニバン

そして2015年に3代目となる現行モデルが登場。開発コンセプトは「大空間高級サルーン」でミニバンではなく高級車の1つとして開発。エクステリアはアルファード/ヴェルファイアともに、より存在感を高めたフロントマスクやより豪華になったインテリア、さまざまなシートアレンジを採用。とくに最上級グレードの「エグゼクティブラウンジ」はリムジン顔負けの豪華&多機能シートを採用した。

トヨタの3代目アルファード(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

先代で足りなかった走りの部分も大きく手が入り、高張力鋼板の採用拡大や構造用接着剤の導入によるボディ剛性強化、リアダブルウィッシュボーン式サスペンションの採用も相まって、快適性/操安性をバランスよく実現。さらに2017年のマイナーチェンジでは、内外装の変更やパワートレインの刷新(V6)、第2世代「トヨタセーフティセンス」の採用などで商品性をさらにアップさせている。

その人気は日本を超えアジアにも伝わり、右ハンドル圏内を中心に輸出されている。現地では超高級車並みのプライスタグが付けられたが人気はうなぎ登り。世界の名だたる高級リムジンと同じ扱いを受けるなど、日本以上のステイタスが与えられている。

となると、さらに上を求める人がいるはず。つまり、トヨタのプレミアムブランド「レクサス」のミニバンである。実は以前から企画は上がっていたが、なかなかGOが出なかったという。そんな中、カンパニー制が導入され、レクサスインターナショナルとして独自の商品戦略が進められるようになったことと、中国からの強いリクエストから開発がスタート。4月に開催された上海モーターショーでレクサスブランド初のミニバン「LM」がお披露目された。すでにさまざまな自動車メディアから第一報が報告されているが、ここでは詳細情報をお届けしたいと思う。

次ページいったいどんな仕様なのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。