三菱「デリカD:5」あまりに大胆な変身の全貌

見た目だけじゃなく中身も別物になった

11月21日に発表された三菱自動車の新型「デリカD:5」。フルモデルチェンジさながらにグレードアップしたその全貌をレポートする(撮影:クリハラジュン)

三菱自動車が11月21日に発表した新型「デリカD:5」(発売は2018年度内を予定)は、マイナーチェンジながらフルモデルチェンジばりのフェイスリフトを行った。そのあまりにコンセプトカー然としたルックスは賛否両論渦巻いており、見た目だけで拒否反応を示すユーザーもいるほどだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし、今回プロトタイプ車に試乗する機会に恵まれ実際に体感してみると、その個性的なルックスなど気にならなくなるほど中身が進化していることに驚かされた。もし、アクティブにミニバンを使いたいと考えているのであれば騙されたと思って一度試乗をしてみることを強くオススメしたい。個性的なルックスまでもが「あばたもえくぼ」状態になるかもしれないからだ。

大きく変更を受けたパワートレイン

新型デリカD:5の(エクステリア以外の)いちばんの変更点はパワートレインだろう。搭載される2.2Lコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジンは「4N14」というエンジン型式こそ変わらないものの、フリクションの大幅低減、燃焼室の変更、次世代燃料インジェクターの搭載といった大幅な改良を実施し、さらにAdBlueを使用する排出ガス浄化システムである尿素SCRシステムを新たに採用するといった大掛かりな変更を受けている。その結果、最大トルクは従来の360N·mから380N·mと20N·mもの向上に成功しているのである。

そしてそのエンジンに組み合わされるミッションも、国内では初採用となる8速オートマチックとなっている。従来モデルは6速だったため、一気に2速増えたことになるが、これにより1速をローギヤード化して悪路走破性の向上を果たしながら、トップギヤをハイギヤード化して高速燃費の向上を果たすといった、本来は相反する性能を両立させている。

トルクアップしたエンジンに多段ギヤのミッションの組み合わせは、加速時にはポンポンと小気味いいシフトアップを見せ途切れることのない加速感を楽しめ、減速時はパドルシフトを併用してシフトダウンをすることでブリッピングをして回転を合わせてくれる。積極的な減速感をも楽しむことができるのだ。

もちろん、エンジンフィールは旧態依然としたディーゼルエンジンとは別物のまるでガソリンエンジンのようなスムーズで軽快なもの。そのため、4200回転という低いレッドゾーンがもどかしく感じてしまうほどだった。

マイナーチェンジとなる新型デリカD:5ではあるが、フロントマスクの変更に伴ってなんとフロントエンドの骨格を大幅に変更している。その結果フロント周りの剛性をアップさせることを実現し、リニアな操舵感を生み出しているというわけだ。

次ページ静粛性も各段に向上したデリカD:5
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT