「アル・ヴェル」の納期が短くならない裏事情

人気車に違いないが要因は国内だけじゃない

アルファード(左上)とヴェルファイア(右下)の納期に時間がかかるのは、日本国内専売モデルではないということが関係しているようだ(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車「アルファード/ヴェルファイア(通称、アル・ヴェル)」。背の高い大柄な車体に加えて、押し出しの強いフロントマスクや最大7~8人がゆったり乗車できる広々とした室内、豪華な内装を備える高級ミニバンだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

今年上半期(2018年1~6月)の販売台数はアルファードが2万7407台(月販平均約4567台)で、日本自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車通称ブランド別新車販売ランキングで19位、ヴェルファイアが2万2685台(月販平均約3780台)で同24位。兄弟車である2車を合算すると約5万台で同5位前後に相当する。

ホンダ「オデッセイ」(38位)、日産自動車「エルグランド」(トップ50位のランク圏外)といった競合車種を大きく突き放し、独走を続けるアル・ヴェル。トヨタのウェブサイトで直近の納期を調べてみると、アル・ヴェルともに工場出荷目処は豪華仕様のエグゼクティブラウンジ(4~5カ月)を除き、2~3カ月となっている。

中国や東南アジアの富裕層に大ウケ

「アル・ヴェルは注文してから納車まで結構待たされる」というのは購入者やトヨタ営業マンの認識だ。どんな新車でも一部のオプションを選んだ場合に納期がかかるケースはよくあるが、アル・ヴェルはそうでなくても全体的に納期が遅れ気味になっている。

昨年12月のマイナーチェンジ時のニュースリリースを見てみると、月販目標台数はアルファードが3600台、ヴェルファイアが4500台だった。これを両車合算(8100台)し、直近の販売実績(平均で約8300台)と比較すれば、ほぼ目標どおりに推移している。

この夏に発売されたばかりの新型「クラウン」でも工場出荷目処は直近で1~2カ月となっている。大人気とはいえ販売目標に近いアル・ヴェルの順調な販売から考えると、生産体制・計画もスムーズに進められそうで、もっと納期が早くなってもいいと思うのだが、これには別の事情がありそうだ。

アル・ヴェルは日本国内専売モデルではない。ギラギラした独特のラグジュアリーイメージは、欧米先進国ではなかなか理解されないものの、中国や香港、東南アジアなどに輸出している国のほぼすべてで大注目され、富裕層に大ウケしているのだ。

次ページアル・ヴェルは日本で生産して海外に輸出
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT