レクサスUXとトヨタC-HRは何が違うのか

まもなく登場のコンパクトSUVを徹底解剖

「レクサス版C-HRでしょ?」という声もチラホラ聞くが、UXにはレクサス独自の“味”が色濃く出ている(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車の高級車ブランド、レクサスの新型車「UX」の発売が近づいている。いわゆる乗用車感覚で乗りこなせるクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)として、「LX」「RX」「NX」といったレクサスSUVファミリーの末っ子となるモデルだ。

レクサスが切り開いた「クロスオーバーSUV」

もともと、ピックアップトラック派生モデルとして登場したSUVだが、その流れが変わったのが1980年代後半から1990年にあった「RVブーム」からだ。乗用車から乗り換えるユーザーが増えるにつれて、悪路走破性だけでなく充実した装備や乗用車並みのハンドリングや乗り心地も要求されるようになった。当時のSUVはラダーフレーム構造がほとんどだったがそれでは限界があった。そこで生まれたのがモノコックボディの乗用車をベースした「クロスオーバーSUV」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

内外装は「いかにもSUV」といった泥臭い感じを排除し、都会の街並みにも溶け込むカジュアルなデザインを採用。走りは「乗用車の乗りやすさ」と「SUVの安心感」を両立。さらにガソリン車主体でリーズナブルな価格も魅力だった。肝心なオフロード性能は本格SUVに比べると劣っていたものの、日本の道路環境や用途を考えるとまったく問題はなかった。

その人気はアッと言う間に日本から世界へと飛び火し、今や世界の主要メーカーからさまざまなクロスオーバーSUVが登場した。

さらに、高級車とクロスオーバーSUVが融合した「プレミアムクロスオーバーSUV」の活性化も著しく、今ではベントレーやロールス・ロイス、さらにスーパーカーブランドのランボルギーニと、これまでクロスオーバーSUVとは無縁といわれたブランドまで参入しているが、この世界を切り開いたのはレクサスで、1998年に登場した「RX」が元祖だ。

次ページ販売現場からのリクエスト
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT