SUVに群がる自動車メーカーの抱える不安

金脈掘り起こしたが枯れるのも時間の問題?

SUVブームはいつまで続くのだろうか(撮影:風間仁一郎、大澤誠、梅谷秀司)

SUBARU「フォレスター」、ホンダ「CR-V」、三菱自動車「エクリプス クロス」、BMW「X2」、ボルボ「XC40」、ジャガー「E-PACE」、アルファ ロメオ「ステルヴィオ」――。今年、日本車・輸入車各社から発売された新型車だ。

自動車業界は「猫も杓子もSUV」

共通するのはSUV(スポーツ多目的車)であるということだ。トヨタ自動車はこの秋、高級車レクサスの新型車「UX」を、来年には一度は日本販売をやめた「RAV4」を復活する。いずれもSUV。自動車業界は今や「猫も杓子もSUV」と言ってもいいぐらいのSUVブームである。

トヨタ「C-HR」「ハリアー」、ホンダ「ヴェゼル」、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-3」「CX-5」「CX-8」など、自動車販売協会連合会(自販連)の乗用車通称名別新車販売ランキングの上位にもSUVの名前がずらりと並ぶ。自動車業界ではSUVの国内販売台数はこの5年で2倍の成長を遂げたと言われている。

SUVが人気を得たいちばんの理由は、外観のカッコ良さと実用性をバランス良く両立させたからだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

過去を振り返ると、SUVはトヨタ「ランドクルーザー」、三菱「パジェロ」のような悪路を走るためのオフロード4WDとして進化した。この流れを受けているから、乗用車用のプラットフォームを使うハリアーやヴェゼルなどのシティ派SUVも、大径のタイヤを装着して悪路のデコボコを乗り越えやすい。外観はボディの下側が力強く、大半の車種の全高が1600mmを上まわるから、フロントマスクにも厚みがあって存在感が強い。

次ページファミリーカーとしても使いやすい
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT