「WRX S4」にSTIスポーツが設定された意味

スバルの象徴的なモデルになるはずだ

「WRX S4」に「STIスポーツ」が新たにラインナップされた(写真:スバルグローバルメディアサイト)

SUBARU(スバル)「WRX S4」。もともとは「インプレッサ」の高性能グレードだったWRXが独立して、2014年から販売されている4ドアセダンだ。スバル特有の水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、300馬力を超えるハイパワーなスポーツモデルでもある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのWRX S4に9月21日、新グレードが設定された。ステーションワゴン「レヴォーグ」や、スポーツカー「BRZ」で先行して設定されている「STIスポーツ」だ。専用アルミホイールやレカロ社製のフロントシートなど、高級感とスポーティさを高めた専用の内外装品に加えて、足回りには専用チューニングされたビルシュタイン製のダンパーなどを採用したモデルである。WRX S4の最上級グレードとなり、車両本体価格は約409万円である。

STI。クルマに詳しい人でなければ、何のことかまったくわからないかもしれない。その正体は、スバルテクニカインターナショナルという組織だ。1988年、スバルのモータースポーツ活動を統括するために設立された富士重工業(2017年4月からSUBARU)の子会社で、モータースポーツ用ベース車両や競技専用部品の供給、チューニング技術を応用した特別仕様車の企画・開発などを行っている。

STIスポーツを、WRX S4に設定した理由

そんなSTIスポーツを、4ドアセダンのWRX S4になぜ設定したのか。それは、世界的に高性能4ドアセダンの需要が堅実であり、またプラミアムブランドとしてメーカーを象徴する存在となるからではないかと筆者は考えている。

たとえば、ドイツ車では、メルセデス・ベンツ「Cクラス」に、メルセデスの中でも特に高性能なモデルに付けられるスポーツ・レース系ブランドである「AMG」を冠する「C43」や「C63」がある。BMW「3シリーズ」には、BMWグループで、レースやモータースポーツを研究開発するBMW M社が開発を担当するスポーツモデルの「M3」が、アウディA4には、「S4」がある。

次ページ運転の緊張から解放される走り
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT