「WRX S4」にSTIスポーツが設定された意味

スバルの象徴的なモデルになるはずだ

加えて近年では、独創のステレオカメラを使った運転支援技術アイサイトが人気を集めている。また、万一の際に歩行者を保護するボンネットフードに展開される歩行者エアバッグの採用など、安心をもたらす機能や装備で顧客の関心を呼んでいる。プレミアムという意味の、割り増しという価値からすると、スバルにはほかと違う割り増しの商品性があるといえる。

プレミアムブランドの仲間入りを模索する一歩

そうしたスバルが、より高性能な4ドアセダンを開拓することは、まさにプレミアムブランドの仲間入りを模索する一歩といえるだろう。高性能車には、前述のような割り増しの性能や機能が備わるのである。またSTIスポーツは、大きなリアウイングを装着せず、一見したところ普通の4ドアセダンにしか見えないところに引かれる人もあるに違いない。内装にも、見栄えや手触りのよさなどが凝らされている。

400万円強という価格は、欧米の競合車種に比べはるかに安い。メルセデス・ベンツのAMGC43が940万円。BMWのM3は1209万円。アウディS4は、839万円である。キャデラックATS‐Vは990万円で、標準のATSの534万円に比べ2倍近い価格だ。WRX S4のSTIスポーツは、それらのほぼ半値といえる。それ自体安くはない車両価格だが、買って損のない魅力を備えているはずだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT