アウディのEV「e-tron」は一体何がスゴいか

洗練された乗り味と充実した先進装備が光る

クーペライクなアウディ初の量産EV「e-tron」の出来栄えは?(写真:アウディ)
2018年はラグジュアリーEV(電気自動車)の発表、発売が相次いだ。ここ数年、テスラが孤軍奮闘していたジャンルだが、まず今春ジャガー「I-PACE」が登場、そしてこのたびアウディ「e-tron」が発表された。この後にもメルセデス・ベンツ「EQC」、ポルシェ「タイカン」など、1000万円級のラグジュアリーEVの発売が控えている。UAE(アラブ首長国連邦)の首都、アブダビでe-tronのステアリングホイールを握る機会を得た。はたしてその出来栄えは? 動力性能は? 充電環境は?

既存モデルのEV化ではないe-tron

アウディ初の量産EV(電気自動車)、e-tronの国際試乗会に参加するため、アブダビを訪れた。海沿いの砂漠を縫うように整備されたこの街の道路を走るクルマの多くは大排気量のV8エンジンを搭載したSUVだが、その車列へほぼ無音で排ガスを一切出さないクルマで加わったというわけだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

e-tronは既存のモデルのEV化ではなくブランニューモデル。アウディは現在「Q2」から「Q8」まで大小さまざまなサイズのSUVをラインナップするが、e-tronはサイズでいうとQ5とQ7の間に位置する。アウディのSUVは「Q3」「Q5」「Q7」と番号が奇数だとコンベンショナルなSUVで、Q2、Q8と偶数だとクーペライクなSUVという具合に分類される。e-tronのルックスは低くクーペライクで、その意味でも「Q6」とでも呼びたくなる存在だ。

左右がつながったデザインのリアコンビランプ(写真:アウディ)

全長4901mm、全幅1935mm、全高1616mm。ホイールベースは2928mm。巨大なシングルフレームグリル(シャッター付き。高速走行中は閉じて空気抵抗を減じる)は健在で、ヘッドランプは最新アウディの流儀にのっとった形状をしている。リアコンビランプははやりの左右がつながったデザインだ。車高はさほど高くないが、大径のタイヤがこのクルマをSUVたらしめている。

未来感にあふれるユニークな形状のATシフター(写真:アウディ)

インテリアで最も目を引くのは未来感にあふれるユニークな形状のATシフターだ。シフターといってもEVの場合、変速するわけではなく、R、N、Dを選択するためのものなので、操作性よりデザイン重視でよいわけだ。EVの普及によってクルマの内外装も様変わりしていくのだろう。

次ページ600Nm級の性能を得るなら割安?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。