マクラーレン「GT」、2700万円の実力を徹底試乗

ゴルフバッグ2個が載るスーパースポーツ誕生

スーパースポーツでありながら、リアのラゲッジスペースはゴルフバッグ2個が収納できる420Lの空間を確保している。実際にこれだけのゴルフバッグや撮影機材を積むことができた(東洋経済オンライン編集部撮影)

クルマ好きであれば、「マクラーレン」というネームを1度は聞いたことがあるだろう。F1のテレビ放映が日曜夜のエンターテインメントだった時代、「マクラーレン・ホンダ」や「マールボロ・マクラーレン」などのWネームで記憶している方も多いはずだ。今回試乗した車両は、そんなマクラーレンが生産している最高峰ロードスポーツカーである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「ロードスポーツカー」と表現したのには理由がある。マクラーレンは1963年9月2日、ニュージーランド人レーシングドライバーのブルース・レズリー・マクラーレンによって、「Bruce McLaren Motor Racing Limited」としてイギリスで正式に法人化された。社名のとおり、レーシングコンストラクターとして誕生したのだ。

名前は知っていても、自動車メーカーという視点で見ると知らないことも多いマクラーレン。そこで今回は、試乗インプレッションの前にマクラーレンとはどのような生い立ちで生まれ、現在はどのような活動を行い、自動車メーカーとして車両を販売しているのかといった基本情報から説明していきたい。

名門マクラーレンの歴史を紐解く

創業者であるブルース・マクラーレンは、13歳で父親のレーシングマシン「オースティン7アルスター」をフルレストアするなど、エンジニアリングにも高い見識を持っていた。一方でドライバーとして1966年のル・マン24時間優勝、1966〜1967年にはCan-Am(カナディアン・アメリカン・チャレンジカップ)シリーズで2連覇を果たしている。F1GPでは、1959年のアメリカGP最年少優勝記録を達成。22歳と104日での優勝は、2003年にフェルナンド・アロンソが記録更新するまで44年間も破られることなく、エンジニアとしてもドライバーとして並外れたスキルを持っていたことがわかる。

シャーシコンストラクターとして創業したマクラーレンは、1966年よりチームとしてF1ヘのレギュラー参戦を開始。世界中のビッグレースで確実にエンジニアリングを構築していく。1974年には、エマーソン・フィッティパルディーがドライバーズチャンピオンを獲得し、同時にF1において世界初のシャーシコンストラクターズチャンピオンを獲得した。

また北米を中心にCan-Amにもチーム参戦し、通算43勝、5度の年間タイトルを獲得。インディー500では、7年の間に3度の優勝を達成している。

次ページ公道走行可能な市販車のラインナップ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT