復活の「ターボ」はフォレスターの本命なのか

新型フォレスターをターザン山田がぶった斬る

今回の試乗車は、スバルのSUV「フォレスター スポーツ」。2020年10月に追加された待望のターボモデル「スポーツ」の実力をターザン山田が斬る!(東洋経済オンライン編集部撮影)

スバル「フォレスター」といえば、初代でターボエンジンを採用し、その後の歴代モデルでもターボ車を設定してきた大人気SUVだ。しかし、2018年に登場した5代目にあたる現行モデルでターボエンジンが廃止。2リッター自然吸気エンジン+モーターのハイブリッド「e-BOXER」と、2.5リッター自然吸気エンジンというラインナップとなり、ターボモデルが姿を消した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そして、2020年10月22日のマイナーチェンジで新開発のターボエンジンを搭載したグレード「スポーツ」を追加。じつに2年ぶりにフォレスターにターボモデルが復活という嬉しいニュースが飛び込んできた。現行モデルがデビューした当時は、「ターボモデルの販売比率が落ちているため」という説明もあり、残念に思ったスバリストも多かっただろう。

しかし、そういった説明の裏では、しっかりとターボモデル追加も計画されていたのだ。そのあたりをスバルに聞いてみると、「もともとフォレスターにターボを搭載する計画はありました。新型レヴォーグに搭載したCB18型エンジンが完成したので、フォレスターでもターボモデルを復活させることができました」というコメントもあった。

とにかくフォレスターターボの復活は、待ちに待った朗報と言える。そこで今回の「ターザン山田がぶった斬る」は、第1回の「新型レヴォーグ」に続き、スバルの注目SUV「フォレスター」をプロレーシングドライバー“ターザン山田”こと山田英二がチェックする!

ファーストコンタクト ターザン山田×新型フォレスター

東洋経済オンライン編集部(以下、編):第1回の新型レヴォーグに続き、今回はスバルのフォレスターターボのチェックをお願いします! ちなみに今回山田さんに乗ってもらうのは、マイナーチェンジで新たに加わったターボモデル「フォレスター スポーツ」です。前回乗ってもらった新型レヴォーグとも比較しながら乗ってもらえると助かります!

今回試乗したフォレスター スポーツの価格は、328万9000円となる(東洋経済オンライン編集部撮影)

ターザン山田(以下、タ):じつはフォレスターって好きなクルマなんだよね! 昔、アメリカでスバルの契約ドライバーもしていたんだけど、そのときから好きな1台なんだ。アメリカで多く売れている大人気SUVでもあるし、今回のマイナーチェンジで新型1.8直噴ターボエンジンを搭載したんだよね。さらに専用開発のダンパーやコイルスプリングで走りもよさそうだし、スバルの4WD SUVがどれだけ進化したのか、走りも楽しめるのか、しっかり試走で確かめていくよ!

次ページフォレスター ターボの内外装を斬る!
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT